脱毛コラム

「介護脱毛」にデメリットはあるの?実際に脱毛した人の体験談と介護する側のリアルな声を紹介

「介護脱毛」にデメリットはあるの?実際に脱毛した人の体験談と介護する側のリアルな声

40代〜50代女性の間で話題の介護脱毛のメリットとデメリットについて解説します。
それから、介護脱毛を実際にした人の体験談と介護脱毛について介護する側のリアルな声を紹介します。
Aya@脱毛女子

将来自分が介護されるときにそなえて、エチケットとしてアンダーヘアを永久脱毛する「介護脱毛」が、40代~50代の女性を中心に注目されています。

ここでは、

について解説します。

また、
医療クリニックや脱毛サロンでの介護脱毛
自宅で家庭用脱毛器を使ってする介護脱毛

についても紹介します。

NHKでも話題になった「介護脱毛」とは?

NHKでも話題になった「介護脱毛」

NHKやMBSニュースでも紹介されて話題になった介護脱毛

実際に介護を経験した40代〜50代の女性が、自分たちが介護される側になる時に備えてアンダーヘア(VIO)の脱毛するケースが最近急増しています。これを介護脱毛と呼んでいます。
Aya@脱毛女子
saki@脱毛勉強中
それじゃあ、 介護脱毛って名前が付いているけど、私たちもするVIO脱毛のことなんですね。
自分が経験したからこそ、将来介護してくれる人への思いやりとしてアンダーヘア(VIO)の脱毛を希望する人が増えているんですよ。
Aya@脱毛女子

【介護経験者に聞く】介護経験者の6割以上(65.2%)が「介護に備えた介護脱毛は必要」と回答

介護経験者の6割以上(65.2%)が「介護に備えた介護脱毛は必要

引用:プレスリリース

介護脱毛はどこまで剃るの?

介護脱毛で脱毛する箇所は、脱毛業界では主に「VIO(ブイアイオー)」と呼ばれているアンダーヘアです。

Vはビキニライン、Iは陰部の両側、Oは肛門まわりの毛のことです。

Aya@脱毛女子

介護脱毛で脱毛する箇所は、脱毛業界では主に「VIO(ブイアイオー)」と呼ばれている

VIOラインの毛をすべて脱毛してもいいですし、Vラインだけ残して、IラインとOラインを脱毛することもできます。

アンダーヘアだけでなく、体毛が多いと入浴後のふき取りに時間がかかるため、ワキ毛が多い人はワキ毛の脱毛もしておいてもいいかもしれません。

男性も介護脱毛できる

saki@脱毛勉強中
男性だって将来介護されることを考えたら、脱毛しておいたほうがいいですね?
確かに、介護脱毛は女性の方がが積極的ですね。

でも、一般的に男性のほうが毛深く、女性と比べて高齢になってもアンダーヘアが残りやすいです。

むしろ男性のほうが介護脱毛を積極的に考えた方がいいですね。

Aya@脱毛女子

実際に介護脱毛した人の体験談

実際に脱毛した人の体験談
将来介護される時に迷惑をかけたくないから始めた介護脱毛ですが、

実際に脱毛した人は
・ムレやニオイから解放された
・自己処理が楽になった

という快適さを実感しています。

この方は、ムレや痒みなどのお肌のトラブルが減って楽になりました
Aya@脱毛女子

痛みが無いか不安だったり、恥ずかしいと感じていました。ですが回数を重ねていくうちに毛量が減り、毛が細くなるなど効果を実感できていますし、以前よりもムレや痒みなどの肌トラブルが軽減されてとても楽になったと感じています。自分や周りの人の為になる脱毛だと思います。
引用:adorableアドラーブル

この方は、自己処理する必要がなくなって楽になりました
Aya@脱毛女子

今まで剃るのが面倒だったけど何もしなくてもよくなり、楽です。目が見えづらくなってきたので、もっと早くやればよかったです。
引用:adorableアドラーブル

この方は、毛がなくなってスッキリしました。
Aya@脱毛女子

毛がないってこんなに、スッキリするものなんだ! もはや、これは断捨離ですよ。こんなことならもっと早くやればよかったぁ! もちろん、すべての毛がないわけではないです。そこまでやる必要はないです。まったくないと大切なものが露わになって、逆に温泉とかで人目が気になります。
引用:「”介護”ではなく、自分のために!VIOの脱毛体験記」ハルメクWeb

saki@脱毛勉強中
20代の私たちと同じですね。
皆さんこんなに楽になるなら、もっと早く脱毛しておけばよかったと感じていらっしゃいますね。
Aya@脱毛女子

介護する側のリアルな声

介護する側のリアルな声
今度は、介護する側の人が介護脱毛についてどう考えているのかを調べてみました。

すると
介護脱毛が必要
介護脱毛は必要ない

という2つの意見に分かれることがわかりました。

参考までに、お医者様の意見も紹介しておきます。

医学的には、介護脱毛をすることで感染症や皮膚のトラブルを減らすことができるので、介護脱毛はした方が良い、ということですね。
Aya@脱毛女子

デリケートゾーンは、拭き取ったつもりでも毛や皮膚の間に排泄物が残りやすい部位で、炎症や感染症を引き起こすこともあります。高齢で介護を必要とする状態の方は免疫力が低下している場合も多く、またオムツなどでは菌の増殖が増え、より感染症のリスクは高くなります。そのため、トイレでの排泄介助や、オムツの交換の際に、介護者はより丁寧に清拭をする必要があります。脱毛により、感染症や皮膚トラブルのリスクが軽減され、オムツ交換の際の臭いが軽減されたり、清拭が楽になり、介護する側や介護される側、双方にメリットが大きいと考えられます。(リゼクリニック新宿院 大地まさ代院長)
引用:介護ポストセブン

介護脱毛は必要

介護者の中には
・衛生面(特にオムツ交換)のため
・ニオイ等ののエチケットのため
・そして、剛毛の人は

介護脱毛が必要と考えている人がいます。
Aya@脱毛女子

「汚れたおしりを拭く時に、脱毛が大事だと思った」「介護してくれる相手に少しでも不快な思いをさせたくない」「衛生面や、エチケットのためにも『やっておかないと』と思いました」(中村英理さん)
引用:朝日新聞デジタル

衛生面、介護をする側からすれば無い方が楽です。
引用:Yahoo!知恵袋

80代くらいの重度者ばかりあつまっている介護施設あたりであまりそんなことを心配する必要はないと思いますが(ほとんどの人はもう薄くなって少ない)、たまに剛毛な人がいて介護する側が苦労するというのはあります。

笑いごとではなく本当です。特にオムツ内で便をする人の処置には苦労します。ヨボヨボになる前に脱毛する必要はないと思いますが、もし剛毛のままだったら、家族がハサミで短めにカットしてあげるのが気遣いだと思います。
引用:Yahoo!知恵袋

介護脱毛は必要ない

介護脱毛は必要ないという介護者は
・そこまで気を使う必要はない
・高齢になるとアンダーヘアは薄くなる
・介護脱毛より、健康を保つ努力が大事

という理由をあげています。
Aya@脱毛女子

●そこまで気を遣う必要はない

確かに毛は無いい方が拭きやすいですし、衛生的ではあるとは思いますが、そこまで気を使うことはないと思います。

ただあなたご自身が気になるのであれば脱毛しても良いとは思います。
引用:Yahoo!知恵袋

確かに無い方が、しやすいのは確かですが、
介護士はプロです、そこまで気にすること無いと思います。
後はあなたの判断ですね。
引用:Yahoo!知恵袋

無理に行う必要もないかと思います
引用:Yahoo!知恵袋

●高齢になるとアンダーヘアは薄くなる

介護士の方が言ってましたが、心配しなくても介護が必要になる頃にはアンダーヘアはツルツルですよ、と。
たしかに祖母のときはそうでした。
引用:Yahoo!ニュース

介護が必要な高齢者は、陰毛が薄いです。
引用:Yahoo!知恵袋

オトコは上から
オンナは下から禿げる。
これ、生物学的事実。
引用:Yahoo!ニュース

●そんなことより、健康を保つ努力が大事

介護される前提でアンダーヘア脱毛するより、そのお金でジムにでも行くほうが前向きだと思う。
引用:Yahoo!ニュース

たしかに、歳をとると毛を生み出す毛母細胞のはたらきが低下するため、高齢になるほど(ホルモンの関係で女性は特に)アンダーヘアも薄くなることが多いというのは事実のようです。

ただしこれにはかなりの個人差があり、「必要派」の意見で見たように、もともと毛深い人や男性は若い頃と変わらず剛毛のまま…ということもあるようです。

また、「そのお金でジムでも行けば…」という意見ですが、たしかに体が変化しはじめる40代~50代の頃から食事や運動、睡眠、病気の早期発見などに十分気づかっておけば、健康寿命は大幅に伸ばせます。

実際、65歳以上の高齢者は全国に3500万人以上いる中、排泄が難しくなる「要介護3以上」の重症者は219万人。高齢者の20人に1人しか排泄介助を受けていないということになります。

つまり高齢者になったからといって必ずしも介護が必要になるわけでもないので、脱毛より前に「健康を大事にする」ということは大前提といえるでしょう。

介護脱毛にデメリットはあるの?

介護脱毛のメリット・デメリット

実際に介護脱毛した人、医師、介護する人の声を調べた結果、介護脱毛には7つのメリットがあることがわかりました。

でも、デメリットはないのでしょうか?

そこで、介護脱毛のデメリットについて調べてみたところ、7つのデメリットがあることがわかりました。

介護脱毛7つのメリット

介護を受ける前にアンダーヘアを脱毛しておけば、

  • 介護者の清拭がラクになる
  • おむつ交換の際のニオイが軽減される
  • ムレが軽減される
  • 陰部の炎症や感染症のリスクが減る
  • 毛ジラミのリスクが減る
  • 恥ずかしい、汚いと思われる、迷惑をかけるといった不安がなくなり安心感が得られる
  • 排便時や生理時も清潔・ムレない・水着や下着を自由に選べるなど、介護を受けなくても利点が多い

といったメリットがあります。

介護脱毛は
介護される時に感染症のリスクが減ったり、排泄介助などで迷惑をかけない
介護される前にすでにニオイやムレから解放される、自己処理しなくて済む

というメリットがあります。
Aya@脱毛女子

介護脱毛7つのデメリット

介護脱毛はメリットがたくさんありますが、実際にアンダーヘアを脱毛するとなるとデメリットもあります。

  • お金がかかる
  • 時間がかかる
  • 痛みが伴うことが多い
  • 火傷や炎症のリスクがある
  • 施術時にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい
  • 元に戻せない
  • 脱毛しなくても将来ツルツルになるかもしれない

アンダーヘアの脱毛は自分で処理するのが難しい場所なので、脱毛サロンや医療クリニックで脱毛する人が多いです。

実際に脱毛した人は「もっと早くしておけば良かった」と満足していますが、そこに至るまでは
・お金も時間もかかる
・痛い
・肌トラブルのリスク
・恥ずかしい

ことを乗り越える必要があります。

また、ツルツルにすると介護される時に丸見えになるから「やっぱりまた生やしたい」と思っても元に戻すことはできません

それから、女性は歳をとるとアンダーヘアが薄くなる人が多いので、介護脱毛は必要だったのか…と感じることになるかもしれません。

アンダーヘアの脱毛はお金や時間がかかるし、痛い思いもします。
それなのに、脱毛後に後悔する可能性もあります。
介護脱毛を検討するときは、これらのデメリットについてよく考えてから決めてくださいね。
Aya@脱毛女子

介護脱毛はどこでする?

saki@脱毛勉強中
脱毛サロンやクリニックで、介護脱毛っていう名前のコースは見たことないですよね
そうです。
介護脱毛と呼んでいますが、実際は脱毛サロンやクリニックのVIO(アンダーヘア)脱毛のコースで脱毛します。
Aya@脱毛女子

アンダーヘアの脱毛は
医療クリニックか脱毛サロン
自宅で家庭用脱毛器

でできます。

それぞれの違いを下の表にまとめています。

方法 パワー メリット デメリット
医療脱毛 効果が高い 痛い
値段が高い
サロン脱毛 値段が安い
痛くない
医療脱毛より時間がかかる
家庭用脱毛器 値段が安い
自宅でできる
やや痛い
手間と時間がかかる

医療クリニックか脱毛サロンで脱毛

介護脱毛はどこで施術してもらえる

介護脱毛を受けたい場合は、

  • 病院・クリニック
  • 脱毛サロン

このどちらかに通うことになります。

どちらに通っても、脱毛にかかる費用は10万円前後を目安にしてください(個人差はあります)。

両者の違いですが、

クリニック 高いし痛いけど効果が早い。医療従事者による施術で安心できる。
通う回数は5~10回程度。
サロン 安いし痛くないけど効果はゆっくりめ。女性スタッフによる施術でエステのようにリラックスできる。通う回数は10~18回程度。

といった違いがあります。

クリニックは出力の高い医療レーザー脱毛機を、サロンはクリニックより出力の低いフラッシュ脱毛機を主に使用しているので、効果に違いが出てきます。

痛くても良いから早く終わらせたい!という人はクリニック、多少時間がかかってもいいから、痛くないほうがいいという人には脱毛サロンがおすすめです。
Aya@脱毛女子

ただし、一つ注意点があります。

アンダーヘアが白髪になっていると脱毛してもらえないことがあります。

それは医療クリニックやサロンで使用されている脱毛機は毛の「メラニン色素」に反応させて脱毛する方式のものが主流だからです。

白髪でも脱毛できるクリニックや脱毛サロンはありますから、あきらめないで無料カウンセリングの時に質問してください。
Aya@脱毛女子

介護脱毛にオススメのクリニックと脱毛サロン」では女性用と男性用のオススメクリニックと脱毛サロンを紹介しています。

医療クリニックでの脱毛の痛みはどれくらい?

脱毛の痛みはどれくらい?

介護脱毛のデメリットに脱毛するときの痛みがあげられています。

脱毛サロンでアンダーヘアの脱毛をしてもほとんど痛みはありませんが、医療脱毛は効果が高い分、痛みが強いです。

ここでは、実際に医療クリニックでアンダーヘア脱毛をした人の体験談を紹介します。

「痛くて耐えられない」という人もいれば「痛いけどガマンできる程度」という人もいます。
痛みの感じ方には個人差がありますが、医療脱毛は痛いです。
Aya@脱毛女子

VIOラインの医療脱毛の痛みは地獄レベル、麻酔も気休めでしかない、痛すぎて途中でやめてしまう……そんな話を聞きました。
引用:Yahoo!知恵袋

入れ墨掘るのと同じくらいの痛みと思えば耐えられるかどうかの目安になると思います。
引用:Yahoo!知恵袋

毛深いので脇やvio以外も全身激痛です。(お腹や背中や太ももなど)
一部分なら我慢できるのですが全部激痛となると痛すぎて辛いです。
引用:Yahoo!知恵袋

光脱毛でなくレーザー脱毛なんで効果は1回目からかなりありました。
3回でIラインは照射した範囲はほぼなくなりました。
痛みは激痛でした。
引用:Yahoo!知恵袋

VIOラインの脱毛をしましたが、脇とかと比べると少し痛いかもしれません。人によって痛みの感覚は違いますが、私は脇より痛かったです。でも、耐えられないというほどの痛みではありませんよ。
引用:Yahoo!知恵袋

脱毛サロンでは「痛みを全く感じない」という人もいれば「チクッとする程度」「輪ゴムをパチンとはじく程度」と表現する人もいますが、医療脱毛はそれよりは確実に痛みを感じると考えておいたほうが良いでしょう。

でも、医療クリニックなら麻酔で痛みを軽減してもらえるので、そんなに心配することはありませんよ。
Aya@脱毛女子

自宅で家庭用脱毛器を使って脱毛

自宅でも脱毛できる!

「デリケートゾーンを他人に見せるなんて、恥ずかしくて考えられない…」

「サロンやクリニックに通う時間はないから、自宅で手軽に脱毛したい」

という人には、家庭用脱毛器がおすすめです。

家庭用脱毛器を使えば、自宅で簡単にセルフ脱毛ができます。

脱毛サロンや医療脱毛で使われている機械より出力が抑えられているため、回数がかかるのと、自分でする分の手間がかかってしまいますが、

  • 恥ずかしくない
  • コスパが良い
  • 納得いくまで自分で脱毛できる
  • アンダーヘア以外の箇所も脱毛できる
  • 家族で使える

などメリットも多く人気があります。

家庭用脱毛器を1台持っていると便利です。
アンダーヘア以外にもヒゲやワキの脱毛にも使えるし、家族で使うこともできます。
最近では美顔機能がついてる脱毛器もあって人気がありますよ。
Aya@脱毛女子

自宅でアンダーヘアの脱毛をするなら、「家庭用脱毛器を使うVIO脱毛のやり方は?」を参考にしてください。

まとめ

介護脱毛は単なるブームではなく、介護の現場でも歓迎されていて、自分にとっても快適で衛生的になるなどメリットが多いことがわかりました。

しかし、実際に脱毛するときにお金や時間がかかる、痛いなどのデメリットもあります。

介護脱毛のメリット 介護脱毛のデメリット
介護者の清拭がラクになる 脱毛にお金がかかる
おむつ交換の際のニオイが軽減される 脱毛完了まで時間がかかる
ムレが軽減される 脱毛時に痛みが伴うことが多い
陰部の炎症や感染症のリスクが減る 脱毛によって火傷や炎症のリスクがある
毛ジラミのリスクが減る 施術時にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい
恥ずかしい、汚いと思われる、迷惑をかけるといった不安がなくなり安心感が得られる 元に戻せない
排便時や生理時も清潔・ムレない・水着や下着を自由に選べるなど、介護を受けなくても利点が多い 脱毛しなくても将来ツルツルになるかもしれない

介護脱毛のデメリットをよく考えた上で、アンダーヘアの脱毛をするかどうか決めてください。

もしかすると、中には、

「脱毛は若い子がするものでしょ?若い子に混じっていまさら通うのは恥ずかしい…」

と思っている人もいるかもしれません。

でも、私がこれまで取材した脱毛サロンでも医療クリニックでも、介護脱毛のために訪れる40〜50代が増えています。

母娘一緒に通うケースも珍しくないです。

いつ介護される身になるのか、どんな人が介護してくれるのか、将来のことはまだ誰にもわかりません。そして全くわからない分、不安になってしまいます。

それでも介護脱毛をしておけば、将来の不安をひとつ減らせるだけでなく、今の暮らしも快適になるかもしれません。

医療脱毛、サロン脱毛、家庭用脱毛器のそれぞれにメリットとデメリットがあります。

自分に合った脱毛方法を選んで、将来への不安を減らし、アンダーヘアのない快適な生活を楽しんでください。

参考:
厚労省「介護保険事業状況報告」
リゼクリニック ホームページ

おすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aya@脱毛女子

Aya@脱毛女子

銀座カラーで全身脱毛済み。サロン・クリニックの取材経験も多数。オシャレと美容が大好きで、脱毛は完全コスパ重視。脱毛して自分の肌に自信が持てたと感じている。脱毛サロンゼミのほとんどの記事の編集担当。 「しっかり取材して、最新のお役立ち情報をみなさまにお伝えしていきます!」

-脱毛コラム

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2020 All Rights Reserved.