初めての脱毛Q&A

脱毛後にかゆみが出る原因とケア方法を徹底解説

更新日:

脱毛後にかゆみが出る原因

脱毛した後にかゆみを感じるのは、肌のほてりや乾燥などが原因です。

また、脱毛の施術後、時間が経つにつれて新しい毛が生えてくることで、かゆみを感じる場合もあります。

今回は、

についてご紹介します。

Aya@脱毛女子
脱毛後のかゆみを緩和するため、肌の保湿したり肌に優しい下着を選んだりして、脱毛後も快適に過ごせるように心がけましょう。

脱毛後にかゆみを引き起こす3大原因とは?

脱毛後にかゆみを引き起こす3大原因

脱毛の施術後にかゆみが起こる原因は、

の3つが挙げられます。まずは、それぞれの症状が引き起こるメカニズムをご紹介します。

肌が軽くやけどした状態である

脱毛サロンやクリニックでは、毛根にあるメラニン色素に反応する光やレーザーを照射することで、毛母細胞を損傷させてムダ毛が生えてこないようにします。

ですが、光やレーザーを照射するときに、少なからず肌にも負担がかかります。

そこで、光やレーザーを照射する肌の表面を冷却しながら施術を進めるのですが、それでも、人によっては皮膚が軽いやけどをしたような状態になってしまいます。

この肌の軽いやけど状態がかゆみの原因となります。

Aya@脱毛女子
クリニックや脱毛サロンによっては、照射後の炎症を抑える塗り薬を無料で配布している場合があります。

皮膚の炎症は多くの場合、2,3日で治まりますが、なかなか症状が改善しない場合は、施術を受けた脱毛サロンやクリニックに相談するようにしましょう。

また、皮脂腺が多い部分や、もともと毛が太かった部分は、光やレーザーの熱が集中しやすいので、炎症ややけどが起こりやすいようです。

赤みが残ったりかゆみを感じたりする場合は、脱毛サロンやクリニックのスタッフに対処方法を聞いておくのをオススメします。

肌が水分不足で乾燥した状態である

脱毛サロンやクリニックでの脱毛の際は、光やレーザーが照射されたときに皮膚が高温になります。

そのため、脱毛後は肌から水分が蒸発した状態となり、カサカサと乾燥してかゆみを伴う場合があります。

クリニックや脱毛サロンによっては、コースの中に照射後のアフターローションや保湿が含まれている場合があり、施術後に肌の保湿をしてくれることも。

また、脱毛サロン独自の保湿ローションを販売しているところもあります。

新しい毛が生えてきた状態である

脱毛の施術を受けることで、1度は肌がツルツルの状態となります。

その後、毛が生え変わるサイクル、いわゆる毛周期に従って、完全に脱毛しきれなかった毛が少しずつ成長します。

このときに短い毛が皮膚に触れてかゆみを引き起こします。

とくに、VIO脱毛の場合はムダ毛が生えてくるにつれて、下着とこすれてムズムズとしたかゆみが起こりやすくなります。

ムダ毛がさらに伸びていくにつれてこのかゆみはひいてきます。

かゆみを感じたときにやってはいけないこととは?

「脱毛後の肌がどうしてもかゆい!」

と感じることもあると思いますが、

これらの行為は余計に肌がかゆくなり、肌を傷つけてしまいます。

脱毛で傷ついた肌をもとの状態に戻すためにも、これらの行為は我慢しましょう。

Aya@脱毛女子
脱毛後になかなかかゆみが引かない場合は、施術方法を見直す必要があります。したがって、クリニックや脱毛サロンに相談することをオススメします。

体温を高める

脱毛後の肌は、軽いやけどやほてりが残っている状態です。

この状態で汗をかくような激しい運動をしたり、湯船にゆっくりと浸かったりすると、血行が促進されて炎症が長引いてしまう可能性があります。

また、血行がよくなることで、かゆみを感じやすくなります。

Aya@脱毛女子
多くのクリニックや脱毛サロンでは脱毛の施術を受けた当日は激しい運動や入浴を避けるのをオススメしています。

脱毛を受けた日の飲酒

脱毛の施術を受けた当日の飲酒も好ましくありません。

飲酒により血行が促進され、肌にかゆみや赤みが出やすくなります。

また、脱毛前に飲酒すると血行が促進されるので、脱毛時に痛みを感じやすくなったり、、赤みが出やすくなったりします。

Aya@脱毛女子
クリニックや脱毛サロンによっては、施術を受ける前の飲酒も避けるようにお願いしている場合も。

肌のかゆみの原因となりますので、脱毛の施術を受ける前後は飲酒をしないように気をつけましょう。

肌をかきむしる

脱毛後の肌にかゆみを感じるからといって、かきむしることはよくありません。

肌をかいてしまうと肌を傷つける原因になるのはもちろんですが、脱毛処理による肌の炎症が治まらない原因にもなります。

かきむしる代わりに、肌に保湿クリームを塗るなど、かゆみを軽減するケアを行って、少しでもかゆみが楽になるようにすることが大切です。

肌のかゆみを軽減するオススメのケア方法とは?

肌にかゆみがなくても、脱毛後の肌はとてもデリケートな状態です。

したがって、

などのアフターケアを行うことにより、肌の状態を保ち、肌に刺激を与えないことを心がけるのが大切です。

肌をしっかり保湿する

肌をしっかり保湿する

脱毛後の肌のアフターケアとして、もっとも大切なことが「保湿」です。

光やレーザーを受けた肌は、水分がとても不足している状態です。

場合によっては、肌がほてりや炎症を起こしていることも。

また、肌が乾いている状態では、さまざまな肌トラブルも起こりやすくなります。

そのため、脱毛を受けた部分は普段よりも入念に化粧水や保湿クリームを塗るようにして、肌に潤いを補給することが大切です。

クリニックや脱毛サロンによっては、施術後に保湿ケアをしてくれる場合があります。

ですが、それだけは不十分なので、脱毛後、しばらくはセルフケアとして化粧水や保湿クリームを使ったケアを毎日続けるといいでしょう。

Aya@脱毛女子
クリニックや脱毛サロンによっては、アフターケアローションを販売していたりコースのセット内容に含まれている場合もあります。

かゆみがひどい場合は肌を冷やす

かゆみがひどい場合は肌を冷やす

脱毛後のかゆみやほてりがひどい場合は、脱毛処理を行った部分を冷やすのが効果的です。

冷水で洗ったタオルで肌を冷やすだけでも、ほてりや熱を取ることができます。

また、保冷剤をタオルで巻いて脱毛した部分に当てることも効果的です。

なかなかかゆみが引かない場合には、ぜひ取り入れてみてくださいね。

肌に優しい下着を選ぶ

脱毛の施術後は、ムダ毛がない状態で肌がとても敏感な状態なのに、衣類が直接肌に触れることになります。

そこで、大切となるのが下着選びです。

皮膚への摩擦が少ない下着を選ぶことで、肌のかゆみを軽減することができます。

とくに、VIOパーツを脱毛した場合には、新しい毛が生えてくるとこすれが生じます。

そのため、肌との摩擦を少なくする下着や肌触りのいい素材を選ぶといいでしょう。

具体的には、肌ざわりや通気性がよいシルクや綿100%の下着がオススメです。

まとめ

この記事では、脱毛の施術を受けた後にかゆみを感じる理由や、肌にかゆみがあるときの対処方法を詳しくご紹介しました。

脱毛の施術を受けた後の肌は、光やレーザー照射の影響で、ほてり、乾燥しているので、体を温めたり飲酒をしたりすると血流がよくなりかゆみが起こりやすい状態になっています。

肌を保湿し、冷やすことがかゆみを抑え、肌を守ることにつながります。

脱毛サロンやクリニックによっては、炎症を抑える薬やアフターケアローションがセット内容に含まれている場合もあります。

ですが、脱毛後、数日経過してもかゆみやほてりなどの症状が改善しない場合には、脱毛サロンやクリニックに相談するようにしましょう。

おすすめ記事

1

銀座カラーの体験者が【料金・効果・口コミ・予約方法】を徹底解説 銀座カラーの全身脱毛って… 料金はいくら? 効果はあるの? 口コミはいいの? 予約は取りやすいの? し放題ってどういうこと? こちらの記 ...

-初めての脱毛Q&A

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2019 All Rights Reserved.