初めての脱毛Q&A

脱毛は何歳からできる?未成年で脱毛する際のメリットと注意点は?

更新日:

突然ですが、脱毛は何歳からできるのかご存知ですか?

人それぞれ個人差はあるものの毛深い人であれば、小学高学年頃からムダ毛が気になりだす人もいるようです。

結論から言うと、脱毛は○○歳から!という厳格な決まりはありません。

ただし、脱毛に適した時期というものが存在するのも事実です。

Aya@脱毛女子
このページでは、

何歳から脱毛ができるのか?
未成年で脱毛する際のメリットと注意点

について詳しく解説していきますので、年齢で脱毛を迷っている方は是非参考にしてくださいね。

脱毛は何歳からできるの?

脱毛は何歳からできるのでしょう。

脱毛は何歳からできるのでしょう。

  • 脱毛サロン
  • 家庭用脱毛器
  • 医療脱毛

それぞれ年齢の制限があるのか調べてみました。

脱毛サロンの年齢制限は場所によって違う

脱毛サロンの年齢制限は、サロンによって異なります。

15歳~16歳以上という制限を設けている脱毛サロンが多いようですが、TBCのライト脱毛(7歳以上)や年齢制限を設けていないキレイモやミュゼなどのサロンもあります。

脱毛サロンの年齢制限一覧表

TBC
スーパー脱毛
15歳以上 美容電気脱毛
TBC
ライト脱毛
7歳以上 美容ライト脱毛
ミュゼプラチナム 年齢制限なし
※生理が順調にきていること
S.S.C方式の光脱毛
銀座カラー 16歳以上
※生理が2回以上きていること
IPL光脱毛
恋肌 15歳以上 IPL光脱毛
キレイモ 年齢制限なし IPL光脱毛(可視光線)

Aya@脱毛女子
キレイモではとくに年齢制限がなく条件もないので問い合わせてみたところ、「生理が順調にきていないと効果の実感に関係いたします」との回答がありました。

参考記事
SSC脱毛とIPL脱毛の違いは?光脱毛のタイプ別にメリット・デメリットを比較

Aya@脱毛女子脱毛をサロンで受けたいとご検討中の方に、脱毛方法の代表的なSSC脱毛・IPL脱毛・最新のSHR脱毛の3種類について解説していきます。 そもそも光脱毛って何? SSC・IPL・SHRって ...

続きを見る

家庭用脱毛器は基本的に年齢制限がない

家庭用脱毛器は、基本的に年齢制限はありません。

「○○歳以下のお子さまはご使用をお控えください」等の注意書きがある場合を除き、家庭用脱毛器は子どもでも使用できます。

そのため小学生でも使用できますが、毛周期が安定していないうちは一度脱毛し終わってもまたすぐ毛が生えてくるかもしれません。

未成年が家庭用脱毛器を使う際の注意点

年齢制限がないとはいっても、未成年が家庭用脱毛器を使う際は以下のことに注意をしましょう。

  • 取扱説明書をよく読み正しい使い方をする
  • 照射する前に脱毛部分をよく冷やす
  • 大人と同じレベルで照射しない(照射レベルが選べる場合は一番弱いレベルから)
  • 照射してから約1週間は日焼けに気をつける

高校生くらいになると自分で照射もできると思いますが、はじめのうちは正しく使えているか保護者の見守りのもとで使用しましょう。

家庭用脱毛器の記事はこちらも参考にしてください。

医療脱毛には年齢制限がない

医療脱毛には年齢制限がないことが多いですが、クリニックによって○○歳以上と定めているところもあります。

また、どのクリニックでも契約するには親権者の同意書が必要となり、契約時にクリニックから親権者に確認の電話が入ることもあります。

クリニックによっては、契約時・脱毛時にも親の同伴が必要なところもあります。

Aya@脱毛女子

医療脱毛はレーザーで毛根を破壊することで永久脱毛が可能ですが、脱毛の時期が早すぎると成長ホルモンによってムダ毛が再生してしまうこともあります。

また、レーザーの照射パワーが強いため脱毛サロンでの光脱毛よりも痛いと感じる人も多いようです。

未成年で脱毛をしても大丈夫なの?

未成年で脱毛をしても大丈夫

未成年でもさまざまな手段で脱毛できることが分かりましたが、そもそも未成年で脱毛することに影響はないのでしょうか?

未成年で脱毛をするとどんな影響がある?

Aya@脱毛女子
「脱毛=大人の女性」というイメージがありますが、未成年で脱毛をするとどんな影響があるでしょう。

日焼け対策をしなければいけない

日焼け対策をしなければいけない

一般的にも、脱毛前後の日焼けには注意が必要です。

なぜかというと、脱毛に使われている機械はメラニン色素(黒色)に反応して光やレーザーを照射し、毛根にダメージを与えます。これが、日焼けをしてしまうと肌にもメラニン色素が沈着して色が濃くなるため、黒い皮膚にも反応してしまいます。

そのため、脱毛前に日焼けをしていると

  • 脱毛効果が減る
  • 痛みが強くなる
  • 肌トラブルが起きやすくなる

こうしたリスクがあるので施術を断られる場合もあります。また、脱毛後もお肌はデリケートな状態になっているので、脱毛後の日焼けもNGです!

つまり、脱毛期間中はしっかりと日焼け対策をしなければいけないのです。

Aya@脱毛女子
とは言っても、日傘を差して学校に行くわけにもいかないし、通学や部活などで日焼け対策が難しいときもありますね。。。

未成年で脱毛するなら、日常生活の中で日焼け対策をどうするかきちんと考えておかないといけません。

カミソリで処理するよりも肌の負担が減る

カミソリは値段も安く簡単に手に入る

カミソリは値段も安く簡単に手に入るので、ムダ毛が気になる人なら一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

でも、実はカミソリを使い続けていると肌にはかなりの負担がかかっています。カミソリ負けをして肌にブツブツができてしまったり、毛穴が色素沈着を起こして黒ずんで汚くなってしまったり、毛穴が傷ついて埋没毛の原因になったりもします。

その点、脱毛なら毛根にダメージを与えて毛を抜けやすくするという仕組みなので、肌を一切傷つけることなく負担がかかることもありません。

ホルモンバランスによって脱毛効果が弱まる場合がある

「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクル

毛には「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクルがあり、休止期→成長期→退行期の3つの期間を繰り返しています。

脱毛の施術は、この毛周期のうち「成長期」に受ける必要がありますが、未成年で生理の周期がまだ安定していない場合にはこの毛周期自体も乱れやすいため、脱毛の効果が弱まる可能性があります

Aya@脱毛女子
そのため、年齢制限にプラスして
「生理が順調にきていること」
という条件を入れているんですね。

未成年で脱毛ができる条件は?

多くの脱毛サロンでも未成年で脱毛が可能になっていますが、より脱毛の効果が高く得られるように

「生理が順調にきていること」

が条件になっていることが多いようです。

未成年の脱毛は同意書なしでできる?

できません。親(親権者)の同意書は必須です。

どうしても親に言いたくない、内緒で脱毛したい。
「同意書さえあればいいんだから友達に書いてもらえばいっか」と考える人もいるかもしれませんが、それは絶対にダメ!

同意書を偽造した場合は、途中解約できなくなったり何かお肌にトラブルが起きた場合も補償が受けられなくなってしまう上に何よりもルール違反です。絶対にやってはいけません。

未成年で脱毛をするメリット・デメリットは?

未成年で脱毛をするメリット・デメリット

Aya@脱毛女子
「それでも、やっぱり脱毛したい!」

そう考えるなら、未成年で脱毛するメリットとデメリットをしっかりと理解して親御さんの承諾を得ましょう。

未成年で脱毛するメリット

未成年で脱毛するメリットももちろんあります。

親御さんを説得する際には、このメリットの部分を強調しましょう。

早い段階でムダ毛の悩みがなくなる

ムダ毛の悩みはいくつになっても尽きないものです。きっとお母さんもムダ毛の処理には長年悩んできたことでしょう。

16~18歳くらいになると自然と身長の伸びも緩やかになり生理も順調にきているならホルモンバランスも安定しているサイン。脱毛をしても成人と同じ脱毛効果を得られるでしょう。

早い段階でムダ毛の処理をしていればこれからの長い人生、面倒なムダ毛処理からも解放されるのです。

肌のダメージを最小限にできる

カミソリや毛抜きなどでの自己処理は、肌への負担をかけているというのは先述したとおり。

自己流のお手入れで毛穴の黒ずみや色素沈着がずっと残ったままという人も少なくありません。

カミソリや毛抜きで自己処理を続けるよりも、脱毛してしまった方が肌へのダメージを最小限にできるのです。

未成年限定のキャンペーンがある

脱毛サロンやクリニックには未成年限定のキャンペーンを実施しているところがあります。

いわゆる「学割」です。

契約時に学生であれば、卒業後もその割引が適用されるので、学生のうちに脱毛をスタートさせるとよりお得に脱毛できるというキャンペーンです。

参考記事
【2019年最新版】銀座カラーの学割・月額料金は?学割率一覧・乗り換え割と併用も

Aya@脱毛女子2019年4月に脱毛プランがリニューアルした銀座カラーでは、最大5万円が割引される脱毛学割があります! このページでは、 「銀座カラーの学割について」 「他のキャンペーンと併用はできる ...

続きを見る

未成年で脱毛するデメリット

Aya@脱毛女子
未成年で脱毛するデメリットも知っておいてください。

デメリットもちゃんと知ったうえで脱毛したいと言うのであれば、脱毛のことを真剣に考えていると説得力が増すと思います。

ホルモンバランスが乱れていると効果が弱まる

脱毛は、毛の生える周期に合わせて施術を行うため、ホルモンバランスが乱れているとこの毛周期も乱れがちになり脱毛の効果が弱まることがあります。

生理が順調にきていること=ホルモンバランスが安定していることの目安にはなりますが、未成年のうちはホルモンバランスも乱れがちなので、脱毛しても効果が弱まることもあることを頭に入れておくとよいでしょう。

親の同意が必要

未成年の脱毛には、親の同意が必須です。

しかしながら、そう簡単にお許しはもらえず反対される人の方が多いのではないでしょうか。

「高校生に脱毛は早い」
「お金がかかりすぎる」
「勧誘されたら断れるの?」
「何かトラブルが起きたら?」

そんな親御さんの心配の気持ちもとてもよく分かります。脱毛について真剣に考えているなら、そんな不安の声にもしっかりと答えられるように自分なりに時間をかけて調べ、きちんと準備してから話してみましょう。

まとめ

親としては「そんなの気にすることないよ」と思っても思春期の女の子には深刻な悩みでもあるムダ毛。

脱毛に厳密な年齢制限はなく、今や小中学生でも施術を受けられるところはありますが適切な時期があるのも事実です。

高いお金を支払って脱毛サロンやクリニックに通うのであれば、脱毛の効果がしっかりと得られる高校生以上がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aya@脱毛女子

Aya@脱毛女子

友人の結婚式に出席するまでは脱毛に興味がなく自己処理で十分だと考えていた。 ところが、ウェディングドレスを着るために脱毛を決意した毛深かったはずの友人の背中やうなじが輝くように綺麗だったのを見て、自分も脱毛サロンに通うことを決意。 実際にミュゼやエピレ、ディオーネ、エステティックTBC、銀座カラーで脱毛を体験したことで脱毛に関する悩みは消え、知識はスタッフ並み、いやそれ以上に詳しくなり、自己処理することもなくなる。自分の体験を分かりやすく書くのが得意。 脱毛サロンゼミのほとんどの記事の編集担当。

おすすめ記事

1

月額たったの3,300円で全身脱毛できる新キャンペーンが話題の銀座カラー。 でも公式サイトにはコース内容や総額、支払い方法などが詳しく書かれていないので、ちょっと不安になってしまいますよね…。 そこで ...

-初めての脱毛Q&A

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2019 All Rights Reserved.