初めての脱毛Q&A

月額制、回数制、都度払い。脱毛サロンお得なのはどれ?

更新日:

検索
脱毛サロンに通いたいけれど……

「支払いってどうするの?」
「どんな種類があるの?」
「サロンの料金ページを読んでもピンとこない……」

Aya@脱毛女子
このページでは脱毛の支払い方法について解説します。
脱毛を始めようと思っているけれど、支払い方法が複雑でわからない、といった方は参考にしてください

月額制・回数制・都度払いの違いは何?

脱毛サロンの支払いスタイルは月額制・回数制・都度払いの3つに分けられます。それぞれの違いやメリットデメリット、支払いシステムでサロンを比較し、詳しくご紹介します。

月額制・回数制・都度払いの比較表

月額制・回数制・都度払いの違いを一目でわかるように表にしました。

なお、料金は全身脱毛した場合の相場で比較です。

月額制 回数制 都度払い
1回の施術範囲 全身できないサロンが多い 全身できる
全身できる
完了までの回数 好きなだけ
最初に決める 好きなだけ
完了までの期間 ゆっくりめ 早い
早い
総額 通う期間による 決まっている
平均相場/12回 約25万 約20万
約24万
/6回 約10万
約12万 約15万(1回2万5千円で計算)
初期費用 不要
まとまった額が必要 不要
支払い方法 ショッピングローン・
クレジットカードなど
現金・クレジットカードなど
月内に通わなかった場合 支払う 支払い不要
支払い不要
途中解約した場合 不要
手数料などがかかる 不要

「月額制」ジムのように毎月の引き落としで通える

月額制の脱毛サロン

Aya@脱毛女子
気軽に支払えて中止もしやすいのが「月額制」です

たとえばスポーツジムのようなもので、サロンに料金を支払っている間、脱毛に通う権利を持つことができます。

月額制のメリット

月額制のメリットは、一度の出費が少ないこと。何回通わないといけないといった制約がないので、いつでも止めることができることです。

通い期間が短くて済む人、他のサロンで脱毛した経験があり毛量が少なくなっているなら絶対にお得です。また脱毛を気軽に試したい時にもおすすめです。

ポイント

・お金の負担が少ない

・払い続ければ納得行くまで通える

・いつでも辞められる

月額制のデメリット

一方注意しなければならないは、サロンに通わなかった月でも支払いが発生する点です。

毛周期の関係で脱毛できない月でもお金がかかります。

ほかにも体調不良や忙しさで予定していた月に通えなかった、脱毛処理が思ったより長くかかってしまった、など、想定より長く通うとその分支払いが多くなってしまいます。

また、予約の取りにくい脱毛サロンでの月額制は損です。

思った日にちに予約が取れず、通えなかったとしてももちろんその月の分も支払いが必要です。

そして剛毛な人はどうしても脱毛期間が長くなってしまいます。

その分支払い期間も長くなってしまうので費用もかかります。

さらに、1回の施術で全身してくれない所もあります。

脱毛回数を分割

例えば1回で全身の1/4だけしかしてくれない脱毛サロンだと、月1回で通ったとしても、4か月でやっと全身1周。1年で3周しかできません。

脱毛期間も費用もかかってしまうわけです。

そのため、月額費用が安いサロンや最初の約1年分の費用が無料になるなどの割引で、通いやすい工夫をしている脱毛サロンもあります。

ポイント

・サロンに通わない月も支払わなければならない

・予想回数、期間より多く通う必要が出てきて出費が増えた(毛質や体調、施術範囲などが原因)

月額制を取り入れている脱毛サロン

月額制を取り入れているか大手脱毛サロンを調べてみました。

月額制 価格 1回の脱毛範囲
最短間隔
無料期間
ミュゼ - - -
キレイモ 9,500円(税別) VIO・顔込み全身
2ヶ月
初月
シースリー 5,800円(税込) 1/4or1/1
3か月
9か月間
コロリー - - -
脱毛ラボ 1,990円(税別) VIO・顔込み全身の1/14
1か月
16か月
ストラッシュ 7,980円(税別) VIO・顔込み全身
2週間
なし
恋肌 1,409円(税別) VIO・顔込み全身
2週間
12ヵ月間
ラドルチェ 5,700円(税込)
TBC
エピレ
ディオーネ
銀座カラー 3,300円(税別)

キレイも・シースリー・脱毛ラボ・ストラッシュ・恋肌が月額制を取り入れています。

シースリーと脱毛ラボは、1回の施術で全身丸ごと脱毛してくれないプランも。

ラドルチェと銀座カラーは月額制といっても、実際には回数の決まっている分割払いです。

同じ月額制でも銀座カラーはちょっと違う

月額制は、施術の回数と関係なく、通いたいだけの期間通うシステムです。

でも銀座カラーの月額制は決まった回数を月割りで払う「分割払い」、つまり契約コースが3万円以上の場合適用できるシステムのことです。

ラドルチェの月額制も同じです。

銀座カラーの料金についてはこちらの記事で詳しく解説しているの参考にしてみてください。

「回数制」脱毛回数が決まっている

回数制の脱毛サロン

Aya@脱毛女子
長期間サロンに通う場合、脱毛一回分の料金が月額制より安くなるように設定されています

サロンの決めた回数分の料金を支払う方法です。
月額制が月会費なら、回数制は回数券を購入するイメージです。

回数制のメリット

決まった回数の中で全身脱毛を行うので、無駄な費用が発生することがありません。

また料金設定は回数が多ければ多いほどお得になっています。

1回で全身脱毛できて、脱毛完了までの期間が短いのが特徴です。

沢山の回数脱毛したい人に向いています。

特に毛量の多い人や頑固な毛質の人にはオススメです。

ポイント

・支払い総額が決まっている

・毛量が多い人、しっかり脱毛効果を出したい人に向いている

回数制のデメリット

脱毛スタート時にコース料金を一度に支払わなければならず、まとまった金額が必要になります。

少ない回数でスタートして、思ったほどツルツルにならないこともあるので、場合によっては回数を買い足す必要があります。

また、途中解約や返金に手間と時間がかかります。

お手軽に通いたい人は月額制の方が良いでしょう。

ポイント

・現金支払いの場合はまとまったお金が必要

・支払った回数で満足できないケースもある

回数制を取り入れている脱毛サロン

回数制 価格(全身6回) 全身脱毛の範囲
ミュゼ 192,000円(レギュラーダウンロード価格)
キレイモ 114,000円 選択により顔を含むことができる
シースリー 95,000円 VIO・顔を含む
コロリー 342,000円
脱毛ラボ 159,980円 VIO・顔を含む
ストラッシュ 95,760円 VIO・顔を含む
恋肌 99,800円 VIO・顔を含む
ラドルチェ 60,000円(税込)

鼻下のみ
TBC 176,100円 24ヶ所のみ。選択により顔を含むことができる
エピレ 176,100円 24ヶ所のみ。選択により顔を含むことができる
ディオーネ 210,000円 顔なし
銀座カラー 99,000円 VIO・顔を含む

大手の脱毛サロンは回数制も導入しています。
6回で比較表を作りましたが、12回・18回と回数が増えるにつれて1回分の値段がお得になります。

料金は6万円代~30万円代までありますが、最安値のラドルチェは顔を含みません。

最近は10万円を切る脱毛サロンも増えてきています。

まずは6回やってみて、脱毛状態をみながら月額制で続けてみるのもオススメの通い方のひとつです。

「都度払い」来店の度に支払う

都度払いの脱毛サロン

Aya@脱毛女子
個人経営などの小さなサロンで使われています

店頭で脱毛を受けた後、一回分の料金を支払う方法です。小規模のサロンで取り入れられている場合が多いシステムです。

都度払いのメリット

都度払いはサロンに行くたびに払うので、月額制のように通わない時も払う必要はありません。

リスクがないので安心して通うことができます。

ポイント

・支払いに関するストレスがない

都度払いのデメリット

サロン側にとると売り上げの見込みがたたないなどの理由もあって、一回ごとの料金が高めに設定されている場合もあります。

料金が高い以外のデメリットはありません。

ポイント

・料金が他のプランより高く設定されている

脱毛サロンの支払い方法を選ぶときの注意点

脱毛サロンで行われるキャンペーンは基本的に併用ができないので、そのとき一番お得なものを活用してください。

Aya@脱毛女子
自分の脱毛スケジュールと相談して、一番無理のないものをえらんでくださいね

脱毛スケジュールを想定した上で支払いプランを決める

脱毛プランはサロンによって様々で、回数制のプランも通える期間に違いがあったりします。

自分が通いやすいコースを検討して、支払いプランを選んでください。

月額制のプランでは、毛周期の関係で通えない期間も支払いがあるということも意識した上で、通う期間を計画することが大切です。

月額料金だけで選ばない

月額料金が安いと、つい負担が少なく感じてしまいますが、月額制は自分のスケジュール次第で総額が大きく変わってしまいます。
結果的に多く支払ってしまい後悔……ということのないようにしてください。

支払いが終わるまでの手数料の合計額も計算しておく

毎月の支払いを安くしたいからといって、分割回数を増やしてしまうと、その分多く手数料がかかってしまいます。

気づくと分割手数料だけでかなりの金額を支払っていた……ということも。

支払いを分割する場合は、合計金額を計算した上でバランスのいい支払い方法を選択できると安心ですね。

まとめ

脱毛サロンの月額制・回数制・都度払いの違いをみてきました。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

無理のない支払い方法か?

どの程度の脱毛を希望しているのか?

を考えて自分に合ったベストな支払いシステムを利用しましょう。

メリット デメリット こんな人におすすめ
月額制 ・納得いくまで通える
まとまった初期費用がいらない
いつでも簡単にやめることができる
・1回で全身1周出来ないサロンがある
・脱毛期間が長い
通わなかった月も支払う必要がある
・脱毛を気軽に試してみたい人
・安い料金でスタートしたい人
・ムダ毛が薄めの人
・時間に余裕がある人
回数制 ・1回で全身できる
・完了まで早い
総額が決まっている
・無駄な支払いが発生しない
・必要回数を読み間違えると損をすることも
最初にまとまったお金が必要
・解約の場合手数料や手間がかかる
・回数多く脱毛したい人
・早く脱毛完了したい人
・まとまったお金が準備できる人
都度払い ・1回で全身できる
・完了までが早い
・好きな期間回数通える
高めに料金が設定されていることが多い
・大手で導入しているところが少ない
・早く脱毛完了したい人
・自分のペースで通いたい人

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aya@脱毛女子

Aya@脱毛女子

銀座カラーで全身脱毛済み。サロン・クリニックの取材経験も多数。オシャレと美容が大好きで、脱毛は完全コスパ重視。脱毛して自分の肌に自信が持てたと感じている。脱毛サロンゼミのほとんどの記事の編集担当。 「しっかり取材して、最新のお役立ち情報をみなさまにお伝えしていきます!」

-初めての脱毛Q&A

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2019 All Rights Reserved.