家庭用脱毛器

家庭用脱毛器で永久脱毛はできない?自宅で永久脱毛する方法は?

更新日:

家庭用脱毛器は永久脱毛できないのになぜ人気?

はなびらみてるこ
結論から言うと、家庭用脱毛器で「永久脱毛」をすることはできません。
しかし、「永久脱毛」の定義は『最後の脱毛から一ヶ月後に生えてくる毛が20%以下になること』なので、100%毛が生えてこない状態のことではないのです。
そのため、家庭用脱毛器でも自宅で継続的に脱毛することによって、「抑毛効果」によって「永久脱毛」に近い効果を出すことはできます。

今回は家庭用脱毛器で永久脱毛に近い効果を出すために、
・家庭用脱毛器の脱毛効果やコスパ
・永久脱毛のメリットとデメリット
・家庭用脱毛器のメリットとデメリット
・家庭用脱毛器の賢い使い方

について解説します。

家庭用脱毛器が気になっている人は、事前にメリットとデメリットを確認して自分に合った脱毛方法をチェックしてみてください。

家庭用脱毛器は永久脱毛できないのにどうして人気なの?

家庭用脱毛器は永久脱毛できないのにどうして人気なの?

永久脱毛ができなくても家庭用脱毛器が人気なのは、さまざまなメリットがあることが理由でした!
はなびらみてるこ

永久脱毛ができなくても家庭用脱毛器が人気なのは、さまざまなメリットがあるからです。

実際の脱毛効果やコスパから、人気の理由をチェックしていきましょう。

家庭用脱毛器の脱毛効果は脱毛サロンと同じ?

家庭用脱毛器は大きく分けて、フラッシュ(光)タイプ・レーザータイプ・サーミコンタイプがあります。

以前はサーミコンタイプという純粋に毛を抜くタイプの家庭用脱毛器が主流でしたが、現在はフラッシュ(光)タイプ・レーザータイプの家庭用脱毛器が増えてきています。

はなびらみてるこ
フラッシュ(光)タイプ・レーザータイプの家庭用脱毛器のメリットは、脱毛サロンとほぼ同じ脱毛効果が期待できることです。

フラッシュ(光)またはレーザーによって毛根を破壊することで、ムダ毛が生えるスピードを遅らせます。

脱毛回数を重ねるほどムダ毛が生えてくるまでの期間が延びるため、ムダ毛処理が楽になるのです。

また、毛根からムダ毛が処理されるため、シェーバーで剃るよりも肌触りが滑らかになることも特徴です。

フラッシュ(光)タイプの家庭用脱毛器「ケノン」については『脱毛器ケノンは効果なし?効果あり?口コミから脱毛効果を徹底検証』で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてください。

家庭用脱毛器で自己処理が楽になる?

フラッシュ(光)タイプ・レーザータイプの家庭用脱毛器は、使用回数を重ねるほどムダ毛が生えるスピードが遅くなります。
なぜなら、毛周期に合わせて家庭用脱毛器を使うことで毛根が破損し、次に毛が生えてくるまでの期間が少しずつ延びていくからです。
そのため、毎日やっていたムダ毛処理が2週間に1回、1ヶ月に1回・・・と、どんどん少ない頻度になります。
はなびらみてるこ

シェーバーでムダ毛処理を繰り返しても毛根のケアはできないため、ほぼ毎日自己処理をしなければなりません。
その結果、肌のダメージも蓄積されてしまいます。

家庭用脱毛器を活用すればムダ毛処理の頻度も減らすことができるので、肌ケアにも効果的です。
自己処理が楽になり、肌のダメージを抑えることができる点も家庭用脱毛器のメリットです。

家庭用脱毛器はコスパが高い?

はなびらみてるこ
脱毛サロンでも使われているフラッシュ(光)タイプ・レーザータイプの家庭用脱毛器は似たような効果が期待できますが、価格に大きな差があります!
脱毛サロン 全身脱毛料金 家庭用脱毛器 販売価格
銀座カラー
全身脱毛6回コース
99,000円 ケノン 69,800円
ミュゼプラチナム
全身脱毛6回コース
378,000円 LAVIE(ラヴィ)基本セット 39,800円
シースリー
全身脱毛13回コース
290,000円 パナソニック光エステ 25,200円
恋肌
全身脱毛18回コース
269,500円 トリア 38,999円
キレイモ
脱毛完了までの永久保証付き
スペシャルプラン
324,074円 レイボーテグランデ 116,640円

上の表で比較した結果、脱毛サロンの店舗や家庭用脱毛器の機種によっても価格差はありますが、脱毛サロンの方が全身脱毛にかかる費用が約10万円〜20万円以上高い傾向がありました。

「銀座カラー」は他のサロンよりも良心的でお得ですが、脱毛サロンは「半永久脱毛」のため、6回通いきってもまた脱毛が必要になる可能性が高いです。

家庭用脱毛器は本体を持っていればカートリッジ等の追加購入のみで使い続けることができますが、脱毛サロンの場合は再度契約をする必要があります。

脱毛サロンによってはお得なキャンペーンが用意されていることもあるので活用するのもオススメですが、脱毛期間が長くなるほど家庭用脱毛器の方がお得になります。

また、家庭用脱毛器は家族や友人とシェアできることもコスパが良い理由です。

一緒に使う人数が増えるほど、さらにお得に使うことができます。

こうして比較すると、家庭用脱毛器のコスパの高さも魅力であることがわかります。

脱毛サロンで良心的な「銀座カラー」については、『【最新版】銀座カラー全身脱毛の料金は総額いくら?月額制より実は〇〇が安い』で詳しく解説しています。

脱毛サロンについてはこちらも参考にしてください。

家庭用脱毛器は美顔器としても人気?

フラッシュ(光)タイプの家庭用脱毛器の中には、美顔機能が付属しているものも増えています。
美顔機能は、特殊な光によってメラニンを刺激し、シミやそばかすの解消、美白・美肌効果が期待できる技術です。
専用のマシンがないとできないため、これまでエステサロンに行かなければ使うことができませんでした。

しかし、現在は家庭用脱毛器もエステサロンと同様に光エネルギーを使って脱毛することができるようになったため、家庭でも本格的な美容機器として使えるようになりました。
本体を持っていればカートリッジを美顔用に替えるだけで使えるので、コスパ・利便性も高いことが特徴です。

はなびらみてるこ
家庭用脱毛器で美顔機能が使えるのは、
・ケノン
・LAVIE(ラヴィ)
です。

パナソニックの光エステも「ムダ毛をケアしながら美肌ケア」というコピーで販売されていますが、別途美顔のカートリッジが付属しているタイプではありませんでした。
美顔器としても併用したい人は、フラッシュ(光)タイプの家庭用脱毛器がオススメです。

家庭用脱毛器が人気な理由まとめ

フラッシュ(光)タイプ・レーザータイプの家庭用脱毛器が増えたことで、自宅でも手軽に毛根からムダ毛を処理できるようになりました。

シェーバーよりもムダ毛処理の頻度が減り、肌触りも滑らかになるため、使用感も人気の理由です。

また、脱毛サロンでも使われているフラッシュ(光)・レーザーが自宅で使えるため、サロンに通うことと比較するとコスパが高いことも特徴です。

家族や友人とシェアして使えば、さらにお得に使うことができます。

効果とコスパのバランスの良さが、家庭用脱毛器の人気の理由でした!

永久脱毛ができる場所はどこ?永久脱毛のメリットとデメリットをチェックしました

永久脱毛ができる場所はどこ?永久脱毛のメリットとデメリットをチェック

次に、家庭用脱毛器や脱毛サロンとよく比較される永久脱毛について解説します!
はなびらみてるこ

私は永久脱毛も経験しましたが、永久脱毛にもデメリットはあります。

良いところと悪いところのどちらもピックアップしたので、自分に合った脱毛方法を選択するための参考にしてください。

永久脱毛ができる場所と脱毛方法は?

永久脱毛は厚生労働省でも医療行為とされているため、医療機関のみで受けることができる施術です。
医療機関ではない脱毛サロンでは、受けることができません。
そのため、永久脱毛をしたい場合には医療機関に行く必要がありますが、医療脱毛が必ずしも永久脱毛とは限りません。

はなびらみてるこ
医療機関の中にも、脱毛サロンと同じくフラッシュ(光)タイプの脱毛機器を使っている場所もあります。
永久脱毛であることを判断できる基準は、医療レーザーを使っていることです。

医療レーザーを使った脱毛方法は、根元にある育毛組織をレーザーの出力によって破壊するため、ムダ毛が自然と抜け落ちるようになります。
すると、毛母細胞は栄養を失い毛を作ることができなくなるため、その毛穴からは毛が生えなくなります。
これが、永久脱毛の仕組みです。

永久脱毛ができる場所は医療機関ですが、脱毛方法が「医療レーザー」であるかどうか確認するようにしましょう。

値段が高くて痛いのが気になる?永久脱毛のデメリット一覧

永久脱毛のデメリットは、
・脱毛サロンに比べて料金が高い傾向がある
・痛みを感じやすい
・通院しなければならない
・毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛とされる

ことです。

医療機関で永久脱毛を行う場合は、5回〜8回通う必要があります。
全身脱毛で5回〜8回通う想定での永久脱毛の費用は、35万円〜65万円です。
一方で、脱毛サロンの場合は医療脱毛に比べると1回の脱毛効果が弱いため、18回前後通うことが理想的です。

全身脱毛で18回前後通う想定での脱毛サロンの費用は、17万円〜45万円です。
1回あたりの金額で考えると脱毛サロンの方が安いですが、永久脱毛の方が通う回数が少なく済み、1回あたりの効果が高いという違いがあります。
また、永久脱毛で使われる医療レーザーは脱毛効果が高い分、脱毛サロンや家庭用脱毛器で使われるフラッシュ(光)・レーザーよりも痛みを感じやすい傾向があります。

そして、「永久脱毛」というと完全に毛が生えなくなるイメージをする人が多いのですが、実は毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛とされるのです。
その理由は、医療レーザーによる永久脱毛の歴史がまだ浅いため、ムダ毛がどれだけの期間生えてこないのかという統計が完全にとれていないからです。

永久脱毛はほぼ毛が生えてこない状態にはなりますが、定義があいまいであることは認識しておいた方が良いですよ。
はなびらみてるこ

やっぱり永久脱毛がスッキリする?永久脱毛のメリット一覧

永久脱毛のメリットは、
・1回の脱毛効果が高い
・育毛組織を破壊できるのでほぼ毛が生えてこなくなる
・長い期間通い続ける必要がない
・事前に簡単な診察があるため安心感がある

ことです。

医療機関でしか施術できない医療レーザーを使うため、脱毛サロンや家庭用脱毛器と比べると格段に脱毛効果が高いです。
完全に毛が生えてこないという統計はまだとれていないものの、育毛組織まで破壊し、毛が抜け落ちるようになります。

また、6回前後でムダ毛が気にならなくなる人が多く、長い期間通い続ける必要がないことも特徴です。
そして、脱毛をする際に心配なのがフラッシュ(光)やレーザーによる肌トラブルですが、医療機関であれば事前に簡単な診察があるため、安心感があります。

はなびらみてるこ
もしも肌トラブルがでてしまった際にも、医師によるアフターケアがあることもメリットですね。

永久脱毛のメリットとデメリットまとめ

永久脱毛は医療機関での施術である安心感と、1回で得られる高い脱毛効果が大きなメリットでした。

一方で、1回あたりの脱毛費用が高い傾向があり、中には痛みを感じやすい人もいるほど出力が高いというデメリットもあります。

はなびらみてるこ
特に、VIOは痛すぎます・・・。

しかし、脱毛サロンや家庭用脱毛器では、永久脱毛のように育毛組織を破壊することはできません。

そのため、ムダ毛が生えなくなるまでの時間と費用を考えると、永久脱毛の費用がそこまで割高な訳でもないと私は感じています。

それぞれの良さがあるので、永久脱毛のメリットとデメリットを知った上で、脱毛方法を検討してみてください。

半永久脱毛ならできる?家庭用脱毛器のメリットとデメリットをチェックしました

家庭用脱毛器は医療レーザーのように永久脱毛をすることはできません

家庭用脱毛器は医療レーザーのように永久脱毛をすることはできませんが、半永久脱毛ならできるんです!
はなびらみてるこ

家庭用脱毛器のメリットとデメリットをピックアップした上で、効果的に使える活用法を解説します。

コツがいるから大変?家庭用脱毛器のデメリット一覧

家庭用脱毛器のデメリットは、
・永久脱毛はできない
・自分で照射しなければならない

ことです。

家庭用脱毛器は永久脱毛できないことが特徴ですが、デメリットとして大きいのは自分で照射しなければならないことです。
脱毛サロンや医療機関であれば、担当のスタッフや医師が脱毛部位に照射をしてくれます。
手の届かない場所や、照射がむずかしい部位も安心です。

はなびらみてるこ
自分で照射する場合は鏡を使うなどの手間がかかることがあります。
コツを掴めば気になりませんが、最初は大変だと感じるかもしれません。

脱毛周期に合わせてケアできるから効果的?家庭用脱毛器のメリット一覧

家庭用脱毛器のメリットは、
・脱毛サロンでも使われているフラッシュ(光)・レーザーが自宅で使える
・好きな時間に脱毛できる
・サロンや医療機関に通う時間や交通費がかからない
・脱毛周期に合わせてタイミング良く脱毛できる
・家族や友人とシェアできる
・半永久脱毛ができる
・美顔機能が使えるものもある

ことです。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンでも使われているフラッシュ(光)・レーザーが自宅で使えるため、サロンに通う必要がありません。
移動の時間や交通費がかからず、少しの空き時間でも脱毛ケアができるようになります。
実際に通ってみると面倒になることがあるので、家に脱毛器を置いておけるのは家庭用脱毛器の強みですね。

また、より早くムダ毛が生えてこないようにするためには、脱毛周期に合わせて照射をすることが重要です。
脱毛サロンや医療機関の場合は予定を合わせたり予約が空いている日を選ぶ必要があるので、理想的なタイミングで脱毛ができない場合もあります。
そのため、毛周期に合ったタイミングで必ず脱毛できるのも家庭用脱毛器のメリットです。

さらに、家族や友人とシェアできるので、1人が持っていれば一緒に脱毛をはじめることもできます。
そして、脱毛サロンや家庭用脱毛器で使われているフラッシュ(光)・レーザーは、毛根を破壊することでムダ毛が生えるスピードを遅らせます。
そのため、永久脱毛はできなくても「半永久脱毛」はできることが特徴です。
はなびらみてるこ

次のムダ毛が生えるまでの期間は少しずつ長くなるので、家庭用脱毛器のメリットを活用すれば経済的に半永久脱毛ができます。

家庭用脱毛器のメリットとデメリットまとめ

家庭用脱毛器は自分で照射する手間がかかりますが、慣れればメリットを多く感じられます。
半永久脱毛の状態を保てるようになると、ムダ毛が生えてくるまでの期間が少しずつ延びて、ムダ毛処理が楽になります。
好きな時間に自宅で脱毛できることや、家族・友人とシェアできることは脱毛サロンや医療機関にはないメリットです。
うまく活用することで、お得に脱毛できることが特徴です。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いは?家庭用脱毛器の賢い使い方とは

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

家庭用脱毛器と脱毛サロンは同じフラッシュ(光)・レーザーによる脱毛が可能ですが、大きな違いはどこなのでしょうか。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いを知ることで、家庭用脱毛器のメリットを最大限に活用する賢い使い方がわかりました!
はなびらみてるこ

家庭用脱毛器と脱毛サロンの大きな違いはどこなのでしょうか。

また、家庭用脱毛器のメリットを最大限に活用する賢い使い方についてもチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器と脱毛サロンは何が違うの?

家庭用脱毛器と脱毛サロンは、どちらもフラッシュ(光)タイプ・レーザータイプの脱毛機器が使われています。
二つの違いを比較するときに注目したいのは、脱毛サロンでのプラン選びです。

脱毛サロンに通う場合はプランを選択しますが、月額料金で通い放題のプランも増えてきています。
月額料金で通い放題なのは一見お得ですが、脱毛するムダ毛には「毛周期」という毛が生えるサイクルがあります。
このサイクルに合わせて脱毛を行うため、脱毛しても効果が弱い期間があるのです。

また、家庭用脱毛器と脱毛サロンの半永久脱毛は少しずつ毛が生えるまでのサイクルが延びる傾向があります。
そうなると、脱毛サロンに行っていないのに月額料金が発生する月が増えてきてしまうのです。

はなびらみてるこ
家庭用脱毛器は自宅に置いておけば好きなタイミングで使うことができて、カートリッジの追加購入などが必要になるまでは購入代金以上にお金がかかることはありません。
毛の濃さや体質によっても効果が感じられる脱毛回数は違うため、家庭用脱毛器の方が費用がかさまない可能性が高いです。
脱毛サロンへ通う際にも、このような特徴を知った上でプランを選ぶことがオススメです。

家庭用脱毛器のメリットを活用した賢い使い方は?

家庭用脱毛器のメリットを最大限に活用するなら、
・家族や友人と一緒にシェアする
・美顔機能を活用する

ことがオススメです。

家族と一緒に共用すればコスパが高まる?

家庭用脱毛器は脱毛器本体を自宅に置いておけることが特徴です。
そのため、家族も友達も一緒に使うことができます。

例えば「ケノン」のラージカートリッジの場合は、最大のレベル10だとしても10,000ショットの照射ができます。
これは一人で使っていても余裕があり、中には5年間使ってやっとカートリッジを追加購入したという人もいました。
家族や友達とシェアすれば、別々に家庭用脱毛器を購入しなくても済むのでコスパが高まります。

ケノンのカートリッジは5000円前後で購入することができるので、衛生的に別のカートリッジを使いたいと考える人は別途カートリッジのみを購入するのもオススメです。
はなびらみてるこ

美顔機能を活用すればエステのフォトフェイシャルが自宅でできる?

はなびらみてるこ
フラッシュ(光)タイプの家庭用脱毛器は、美顔機能が付属しているものもあります。
エステサロンでも使われているフラッシュ(光)を脱毛器本体に採用しているため、カートリッジを交換することで、シミやそばかす、たるみなどの改善が期待できる機能が使えます。

「ケノン」の「スキンケア美顔」カートリッジは6,800円で別途販売もしていますが、キャンペーン中であれば本体購入時にセットになっていることもあるので気になる人は定期的にチェックしてみてください。
「ラヴィ(LAVIE)」の「美顔」カートリッジでも、スキンケア効果が望めます。
中には、家庭用脱毛器の美顔機能が気に入ってエステに行かなくなったという人もいました。

自宅で定期的にケアができればエステに行く頻度も減らせるため、最大限にメリットを活用できます。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの併用については『家庭用脱毛器の効果は?サロンと併用する方法も解説します』で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてください。


参考記事
家庭用脱毛器の効果は?サロンと併用する方法も解説します

家庭用脱毛器の効果を、脱毛サロン・医療脱毛と比較してみました。 家庭用脱毛器で脱毛効果が感じられるまでの期間や、出力によって変わる脱毛効果についても徹底調査しています。 はなびらみてるこ 医療脱毛と家 ...

続きを見る

まとめ

家庭用脱毛器は永久脱毛はできませんが、半永久脱毛でムダ毛ケアの負担を減らすことができます。
さらに、脱毛サロンや医療機関に通うよりも時間も費用もかからないことがメリットでした。

はなびらみてるこ
脱毛サロン・医療脱毛・家庭用脱毛器それぞれのメリットとデメリットを知った上で、自分に合った脱毛方法を選んでみてください。
                      
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はなびらみてるこ

はなびらみてるこ

毎日のカミソリ処理で肌が傷つくことに抵抗があり、23歳のときに湘南美容外科(現・湘南美容クリニック)で全身脱毛を開始。 27歳から家庭用脱毛器ケノンも併用している。 脱毛サロンゼミでは主に家庭用脱毛器の記事を担当。 何事も徹底的なリサーチをして、満足度が一番高い方法を選択することがポリシー。そのリサーチ力を活かして、悩み解決に役立つ情報を発信している。

-家庭用脱毛器

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2019 All Rights Reserved.