銀座カラー

銀座カラーは何歳から脱毛できる?未成年や学生に銀座カラーがオススメな理由

投稿日:

銀座カラーは何歳から? 条件はある?

銀座カラーの格安のコースを知って、「未成年だけど銀座カラーで脱毛したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

実際、銀座カラーは安くてオススメなサロンですし、未成年のうちに脱毛をはじめるメリットはたくさんありますが、銀座カラーで施術を受けるには年齢制限や条件があるので要注意です。

aya@脱毛女子
未成年の子が銀座カラーで契約するときの条件や、メリットデメリットを説明していきますね。

銀座カラーは16歳から脱毛OK!

銀座カラーは16歳から脱毛OK

銀座カラーでは、16歳以上で2回以上生理が来たことがある人なら脱毛が可能です(※16歳以上でも中学生は不可)。

どうして生理が1回以下だったり16歳未満では脱毛できないのかというと…

女子は思春期にホルモンの影響で体毛が濃くなったり毛の状態が変化したりしやすいため、生理の周期が安定していないと脱毛の効果が表れにくくなるからです。

つまり、まだ生理が来ていなかったり、小・中学生などあまりに若いうちに脱毛しても、成長過程で新たにムダ毛が生えてくる可能性のほうが大きいから、費用と時間が無駄になってしまう、ということですね。

また、子供の肌は大人の肌と違ってまだ薄くて弱く、脱毛のフラッシュが刺激になって肌トラブルが起こる危険性があるので、それを避けるためでもあります。

未成年者が契約する場合は親権者の同意書が必要

未成年者が契約する場合は親権者の同意書が必要

16歳以上で生理が2回以上来ている人でも、20歳未満の未成年者の場合は親権者の同意書が必要です。

「親には内緒で契約したいから、年齢をごまかせないかな?」と思った人も中にはいるかもしれませんが、契約には身分証の提示が必要になるので嘘はつけません。

また、親権者の同意書の提出が必要なのは、銀座カラーだけでなくどこのサロンでも同じ。そのように法律で定められているからです。

未成年が脱毛のコースを契約をする場合には、

  • 親権者が契約時に同席して、その場で同意書を提出する
  • 同席できない場合は、後日同意書を持参して契約する(サロンから親権者本人に契約内容確認の電話あり)

このどちらかが必要なので、脱毛の契約をしたい場合はあらかじめ親の同意を得ておきましょう。

ちなみに同意書の用紙はサロンで用意されているので、自分で用意する必要はありません。

メリッサ
でも法律が変わったから、2022年の4月からは成年年齢が18歳に引き下げられるよ

契約時には親権者についてきてもらうこと

一緒にサロンに行けない場合は親に同意書を書いてもらって後日それを持っていき契約するという方法もありますが、契約時には親についてきてもらうほうが、契約は断然スムーズです。

まず18歳未満ではローンの利用ができないなど支払い方法の制約がありますし、1人では契約できるコースも限られてしまいます。

逆に保護者が一緒ならどんなコースでも契約できて、支払い方法も自由に選べますし、カウンセリング後すぐに契約することも可能です(ローンを組む場合は親の名義になります)。

銀座カラーではカウンセリング後にそのまま契約する人が多く、カウンセリング当日でないと割引にならないお得なメニューが用意されていることもあります。

カウンセリングに親も一緒についてきてもらえるかどうか、ぜひお願いしてみましょう。

ただ、銀座カラーは女性専用のサロンなので、男性の親権者は入れません。たとえ親でもお父さんは入れないので注意しましょう。

無事に契約が終わったあとは、予約を入れて後日脱毛の施術を受けることになりますが、もちろん施術は一人で受けます。このとき親権者の同行は必要ありません。必要なのはあくまで契約のときだけです。

もし心配なら親についてきてもらうこともできますが、施術ルームには入れないため、店内の待合ルームで待っていてもらうことになります。

カウンセリングは一人で行ってもOK。でも…

銀座カラーの無料カウンセリングには、未成年者が1人だけでも行くことができます。

ただ、カウンセリング当日の契約はできませんし、後日同意書を持参したとしても、親権者が一緒でないと選べるコースや支払い方法にも条件があります。カウンセリングのときにお店で直接確認してみてください。

カウンセリングでは脱毛のしくみや注意事項、料金などの重要な話が続くので、できれば親と一緒に受けたほうが良いでしょう。

18歳未満の人はローンが組めないので注意

ローンの利用は18歳以上から

銀座カラーで宣伝している安い月額の料金プランは、実際にはローンの分割払いという形で、コース金額を毎月分割して支払っていきます。

月々の出費を抑えられて便利なローン払いですが、18歳未満の人はこのローンを組むことができません。

他の支払い方法を選ぶか、ローンを利用したい場合は親の名義で組んでもらうかしましょう。

※銀座カラーの料金や支払い方法については、
【最新版】銀座カラー全身脱毛の料金は総額いくら?月額制より実は〇〇が安い
でくわしく説明しています。

18歳以上でも学生の場合、ローンの契約には保証人が必要

18歳以上ならローンを利用できますが、未成年者と学生の場合は保証人が必要です。

ローンの保証人は親でなくても、成人していて一定の収入がある人なら誰でもOKです。

Aya@脱毛女子
20歳を過ぎていたら契約時に親の同意書は要りませんが、もしローンを利用する場合は学生であれば保証人がいるため、誰になってもらうか考えておきましょう。

銀座カラーでの脱毛が未成年や学生におすすめな理由

銀座カラーでの脱毛が未成年や学生におすすめな理由

銀座カラーは未成年や学生でも利用している人が多いサロンですが、銀座カラーが未成年の子や学生におすすめできるポイントを見てみましょう。

安心感がある

脱毛は〇歳から、という法律上の決まりは特にないので、何歳から脱毛できるかというのは各サロンの判断になります。

なのでサロンによっては、なんと3歳から脱毛を受け付けているところもあります。

脱毛サロンの年齢制限

ディオーネ 3歳以上
TBC(ライト脱毛) 7歳以上
シースリー 10歳以上
脱毛ラボ 12歳以上
恋肌 15歳以上
銀座カラー 16歳以上で、生理が2回以上ある

こうして見てみると、銀座カラーは他のサロンよりとても厳しい基準で年齢制限を設けていることがわかります。

小中学生などの若いうちから脱毛できるのは一見すると魅力的に思えますが、毛根が成長しきらないうちに脱毛しても費用の無駄になることが多く、子供の未発達な肌に脱毛のフラッシュを当てることにはリスクもあります。

銀座カラーは、「肌トラブルのリスクが少なく、脱毛の効果がアップしやすい」点を考慮して安全に脱毛を受けられるよう年齢制限を設けているので、「脱毛を受ける人のことをしっかり考えている」サロンという点で安心できるといえるでしょう。

学割が使える

学割が使える脱毛サロンは他にもありますが、銀座カラーは最大50,000円引きと割引率が高く、他の割引と併用も可能なので大幅に割り引いてもらえるのが魅力です。

しかも学生証を提示するだけで、面倒な手続きはなく誰でも学割が受けられます。学割を利用しても、脱毛していることが学校側に知られることもありません。

銀座カラーの学割については、
【2019年最新版】銀座カラーの学割・月額料金は?学割率一覧・乗り換え割と併用も
でさらにくわしく説明しています。

学割は他の割引と併用できる

他サロンの学割と違って銀座カラーの学割は「他の割引と併用できる」のも大きなポイント。

銀座カラーでは学割のほかにも4つの割引キャンペーンをおこなっていて、一部を除き併用もOKなんです。

 

割引キャンペーン名 対象者
のりかえ割 他サロンやクリニックから乗り換えた人
ペア割 友達どうし、母娘などペアで同時に契約した人
祝割 先月か今月、来月が誕生月
おともだち紹介割 銀座カラーを紹介した会員と、紹介してもらった人

なので、たとえば自分の誕生月かその前後の月(例:5月生まれなら4月・5月・6月のいずれか)に契約したら、学割+祝割でダブルの割引が受けられることになります。

銀座カラーは安心して施術を受けられるだけでなく、学生のうちに契約すると学割でお得に脱毛できるという利点もあるのでオススメです。

早いうちから脱毛するメリットとデメリット

脱毛のデメリットも意識して

一刻も早くムダ毛とサヨナラしたい!という気持ちはわかりますが、脱毛は早ければ早いほど良いというわけでもありません。

未成年や高校生で脱毛するメリットはたくさんありますが、人によってはマイナスになることもあります。

aya@脱毛女子
メリット・デメリットを把握して、今の自分に必要かどうかじっくり考えてみてくださいね。

早めに脱毛を済ませるとトクすることが多い

学生など若いうちに脱毛しておくと、メリットがいろいろあります。

・学割が適用される
上でも説明しましたが、学割は学生の間だけ受けられる割引サービス。高校生だけでなく大学生や専門学校生も学割が受けられます。銀座カラーの場合、学生のうちに契約すれば、卒業後も学割の料金で通うことができます。

・社会人より予約がとりやすい
社会人になると残業や出張などで脱毛の時間がとりにくくなってしまいがちですが、学生のうちなら比較的時間の融通がきく人が多いではないでしょうか。
脱毛サロンは、多くの人が通いやすい土日祝日や平日の夜は混みやすいです。学生なら平日の夕方など、自分の通いやすいタイミングで希望通りに予約がとれるでしょう。

・自己処理で肌を傷めずに済む
カミソリで剃ったり除毛クリームで毛を溶かしたりして処理していると、肌が荒れて乾燥したり、埋没毛ができたり、シェービングの摩擦で黒ずんだりしてしまいます。

早めに脱毛を済ませておくと、間違った自己処理で肌を傷つけることがないので、大人になっても肌トラブルのないツルツルの肌を維持できるでしょう。

・早い段階でムダ毛の悩みがなくなる
毎日ワキ毛の処理をしたり、スネ毛を気にしたりするのは面倒で憂鬱なものです。毛が濃くて目立つと周りの人にからかわれたり、好きな洋服が着れなくて困ったりすることもあるかもしれません。

早く脱毛を済ませておけば、悩みから解放されてムダ毛のないキレイな肌を長く楽しめます。

人によってはデメリットもある

メリットの多い脱毛ですが、デメリットがないわけではありません。当てはまる場合は、対策を考えるなど工夫が必要です。

・親の同意書が必要
親も脱毛に賛成してくれているなら良いのですが、反対されているなら同意書を書いてもらうことが難しくなります。

脱毛のコース契約は高額になることが多いため仕方のないこととはいえ、親を説得して同意を得ないといけないのは面倒ですよね。

親を説得する方法については一番下に書いているので、親を説得できそうになくて困っている人は最後まで読んでみてください。

・日焼け対策が難しい場合がある
脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、メラニン色素と呼ばれる濃い色に反応します。そのため脱毛期間中の日焼けはNG。

特に脱毛後2~3日は皮膚がダメージを受けて敏感になっているため、直射日光になるべく当たらないようにする必要もあります。

なので、屋外での部活動などをしている人
は、脱毛中は何らかの対策が必要です。
また、登下校も日傘や日焼け止め、長袖着用などでしっかりガードをしなくてはいけません。

脱毛の施術を受けた翌日にカンカン照りのグラウンドで体育の授業を受ける、なんてことがないように、スケジュールを考えて脱毛に通わなければならないことも頭に入れておきましょう。

・アンダーヘアの脱毛は慎重に
脱毛したら、ムダ毛が元通りになることは基本的にはありません。

ワキ毛やスネ毛を元通りのフサフサにしたい!という人はいなくても、アンダーヘアをツルツルにして後悔している人はいます。

「温泉やジム、プールの着替えで目立つ」
「丸見えで恥ずかしい」
「ヘアが全くないと幼い子供のように見えてしまう」
「ヘアがあったほうが見た目が良かった」

など、アンダーヘアをツルツルにしてあとから後悔しないかどうかは慎重に考えたほうが良いでしょう。

銀座カラーでは、アンダーヘアを好みの形に整えたり、全体の量を減らして残すことも可能ですし、全身脱毛の契約をしてもVIO(アンダーヘア)の施術を避けてもらうこともできます。サロンのスタッフと相談してみてください。

未成年で脱毛するメリットと注意点については、
脱毛は何歳からできる?未成年で脱毛する際のメリットと注意点は?
でくわしく説明しています。

みんな何歳から脱毛を始めるの?

脱毛サロンで脱毛をはじめる年齢は、20代からが一番多いといわれています。

銀座カラーでも、20代前半で時間を自由に使いやすい大学生や、安定した収入が得られるようになった社会人で脱毛デビューをする人が多いそうです。

ただ、最近は安く脱毛をはじめられるプランやキャンペーンが充実していることもあり、10代から脱毛する人も増え、脱毛の低年齢化が進んでいます。

未成年でも早すぎるということはないので、ムダ毛が気になりはじめたら、間違った自己処理で肌を傷つけてしまう前に脱毛を検討してみましょう。

どうやって親を説得すればいい?

親を説得する方法まとめ

親の世代が若かった頃、脱毛は「超高額でものすごく痛い」ものでした。毛穴の一つひとつに細い針を刺し、電流を流して毛乳頭を破壊する、という脱毛方式が主流で、ワキを脱毛するだけでも40万円近くかかったといいます。全身なら数百万円にのぼることもあったとか。

その時代を引きずっているお母さん達にとっては、「脱毛は高い、贅沢、危険」といった認識もあって、気軽に脱毛に賛成できないこともあるかもしれません。

でも今は学生でも通えるくらい脱毛は安くなり、痛みもほぼなく安全に施術が受けられるようになっています。

親にはそのこともわかってほしいですし、若いうちに脱毛しておくメリットも理解してほしいですよね。

そこで、ここでは脱毛に反対する親対策として想定問答集を用意しました。ぜひ親を説得する際の参考にしてください。

メリッサ
脱毛って高いんでしょ?ウチはそんなお金は出せません!

回答:「銀座カラーなら、全身1周やっても1回16,000円(※1)かからないよ。月額で月々安く払えるプランもあるし、学割でかなり割引してもらえるし。それにお金は私がバイトして全額出すから!(※2)

(※1)学割適用後の価格。
(※2)親のお金をアテにせず、自分のお小遣いやバイト代から捻出するアピールをすると説得力が増すでしょう。

メリッサ
若いのにまだ早くない?脱毛なんて贅沢よ。

回答「このままカミソリで処理し続けたら肌が荒れて黒ずむし、埋没毛で汚くなる(※1)し、いいこと一つもないよ。それに、毛深いのがずっとコンプレックスだったんだよね(※2)。若いうちに脱毛しといたほうが、大人になってからも肌をきれいに保てるんだって。今はムダ毛が気になって集中できないけど、脱毛させてくれるなら勉強も部活もお手伝いももっと頑張るから!(※3)

(※1)自己処理で肌が黒ずんだり埋没毛や傷ができたりしていたら、実際に見せて悩みを伝えましょう。
(※2)毛深いせいでからかわれたり自信が持てなかったり、嫌な思い出があればそれも伝えましょう。毛深さは遺伝する確率が高く、似たような思い出があるお母さんならわかってくれるかもしれません。
(※3)脱毛を許可してくれたらもっといろいろ頑張る旨を伝えるのも効果的かもしれません。

メリッサ
エステサロンの契約って…勧誘されたり騙されたりするんじゃないの?

回答「銀座カラーは強引な勧誘はない(※1)って公式ページにも書いてるよ。それに未成年が1人じゃそもそも契約できないし。心配ならカウンセリングについてきて一緒に話を聞いてよ。(※2)

(※1)銀座カラーのカウンセリング前のアンケート記入で「勧誘されたくない」という項目があるのでそこにチェックをつけておけば、勧誘されることはまずないので大丈夫。
(※2)カウンセリング時に親権者についてきてもらえれば、その場で契約できてスムーズです。

メリッサ
脱毛ってたしかものすごく痛いって聞いたけど…それに危険はないの?

回答「今はほとんど無痛でできるよ(※1)。医療レーザー脱毛よりやさしいフラッシュ脱毛だから、肌への負担もほとんどかからないし。銀座カラーはホルモンバランスが安定してから脱毛をはじめるシステムだから、10代でも成長に影響はないし安全だよ。」

(※1)銀座カラーの脱毛の痛みの有無については
銀座カラーは痛い?全身脱毛・VIOの痛みを実際に体験。口コミ&対策も紹介>
でくわしく説明しています。

メリッサ
そうなのね。じゃあ私も一緒に話を聞きに行ってみようかしら。

回答「うん、話を聞いてみてよかったらお母さんも一緒に通わない?(※1)母娘で一緒に契約したらペア割で最大8万円も安くなるんだって(※2)。カウンセリングでペア割についても聞いてみようよ。」

(※1)最近は介護を見据えた40代~50代の「介護脱毛」が流行っています。また、健康のためにジムやダンスなどに通い始めてムダ毛が気になってくる人も多いようです。銀座カラーは年齢の上限がないので、もちろんお母さん世代の人も脱毛できます。

介護脱毛は必要?経験者の声やデメリットを紹介。料金や痛み・自分でする方法も>

(※2)誰かと一緒にペアで契約したらペア割が適用されます。もちろん学割との併用もOK。

銀座カラーのペア割はどれくらい安くなるの?お得な利用法を徹底解説>

お金のことや安全性が心配な親の気持ちもわかります。まずは親の意見を聞いてから、自分の気持ちを上手に伝えてみましょう。

脱毛する必要性や、費用をどうするか、銀座カラーで脱毛するメリットなどを伝えると説得力が増すはず。

まとめ

銀座カラーで未成年が契約する際のポイントを見てきました。

銀座カラーではホルモンバランスが安定する16歳から脱毛できますが、未成年が脱毛の契約をするためには親権者の同意書が必要です。

早いうちから脱毛するのは学割が使えたり、危険な自己処理から解放されるなどメリットがたくさんありますが、学校の方針や部活によっては日焼けを防げず脱毛効果が得られにくいなど、デメリットがある場合もあります。

銀座カラーは低価格なのに脱毛技術の水準が高く、予約もとりやすいので、未成年にはもちろんどんな人にもおすすめできるサロンです。親ともよく話し合って、楽しく通えるといいですね。

                      
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aya@脱毛女子

Aya@脱毛女子

銀座カラーで全身脱毛済み。サロン・クリニックの取材経験も多数。オシャレと美容が大好きで、脱毛は完全コスパ重視。脱毛して自分の肌に自信が持てたと感じている。脱毛サロンゼミのほとんどの記事の編集担当。 「しっかり取材して、最新のお役立ち情報をみなさまにお伝えしていきます!」

-銀座カラー

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2019 All Rights Reserved.