初めての脱毛Q&A

脱毛前日の自己処理はどこまで剃ったらいいの?注意点って何?

更新日:

脱毛前日の自己処理はどこまで剃ったらいいの?注意点って何?

サロンやクリニックで脱毛をする際には、ムダ毛を自己処理しないといけないと聞いたけれど…
自己処理はいつしたらいいの?
どういう方法でしたらいいの?
自己処理が難しい場所はどうしたらいいの?
など、初めての時には分らないということもあるもの。

Aya@脱毛女子
この記事では、施術を受ける前にムダ毛を処理する必要がある理由や、自己処理はいつまで、どのような方法ですればいいのか、そして、自己処理が難しい場所はどうしたらいいのかについて、詳しくご紹介します。また、剃り残しがあった場合はどうなるのかについてもご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

脱毛前にムダ毛の処理をした方が良いのはなぜ?

脱毛前にムダ毛の処理をした方が良いのはなぜ?

サロンやクリニックで脱毛をする場合、サロンやクリニックから施術を受ける前までにムダ毛を処理してくるよう指示されます。

脱毛をするのになぜ施術前にムダ毛を処理する必要があるのかというと…

Aya@脱毛女子
脱毛前にムダ毛を処理するのは
●ムダ毛が長いと施術ができないから
●肌トラブルを避けるため
という2つの理由があるからです。
それぞれの理由について詳しく解説します。

ムダ毛が長いと施術ができない

サロンやクリニックでは、光やレーザーによる脱毛をしていますが、その仕組みは毛根の黒いメラニン色素に光やレーザーを当てることで毛根の細胞にダメージを与えるというもの。

したがって、施術の際に長いムダ毛があると毛根部分に光やレーザーがうまく当たらず、思うような脱毛効果が得られなくなります。

肌トラブルを避けるため

長いムダ毛があると、光やレーザーの熱エネルギーが毛に沿って皮膚に伝わります。

その結果、肌が赤くなったり、やけどをした時のようなヒリヒリ感を感じることがあります。

また、光やレーザーを当てた時の痛みを強く感じることも。

肌トラブルを避けるためにも、施術を受ける前にムダ毛を処理するようにしましょう。

ムダ毛の自己処理はいつしたらいい?

施術前にムダ毛を処理する必要性について詳しく説明しましたが、次に気になるのが

「ムダ毛の処理は施術の当日すればいいの?それとも前日までに済ませておくもの?」

ということ。

施術当日に自己処理をすると、毛が短すぎて思うような脱毛効果が得られない場合や、自己処理によって肌荒れを起こす可能性があります。

したがって、施術の前日までには処理しておくようにしましょう。

自己処理の方法は?

ムダ毛の自己処理を

ムダ毛の自己処理をする際、

  • 毛抜きで抜く
  • 脱毛クリームを使用する
  • カミソリで剃る
  • 電気シェーバーで剃る

など、さまざまな方法がありますが、サロンやクリニックで施術を受ける際には「毛抜きや脱毛クリームなど、毛を引き抜くタイプの処理方法」はNGです。

その理由は…

毛抜きで処理した場合毛根が無くなるため。

サロンやクリニックで使用している光やレーザーは、毛根を破壊する仕組みなので、毛根そのものが無いと効果を得ることができません。

また、毛抜きなどの毛を引き抜く方法以外に「カミソリでの処理」もNGです。

その理由は…

カミソリで処理すると、肌を傷つけてしまう恐れがあるため。

肌が荒れていると、施術を受けることによって肌トラブルを起こす可能性が高くなるため、カミソリでの処理は避けるようにしましょう。

サロンやクリニックで施術を受ける前の自己処理におすすめなのは、電気シェーバーです。

電気シェーバーなら深剃りすることもないため、肌に優しくムダ毛を処理することができます。

自己処理が難しい場所はどうしたらいい?

自己処理が難しい場所

サロンやクリニックで施術を受ける前に、ムダ毛の自己処理をする必要があるということについて解説しましたが、背中やVIOなど、手が届きにくい部位はどうしたらいいのでしょうか?

Aya@脱毛女子
自己処理が難しい背中・VIOの処理について紹介します。

背中

背中は、自分で見るのは難しい場所。

そのため、自分で処理しようとすることで肌を傷めてしまう恐れもあります。

肌を傷めてしまうと施術を受けることができなくなる場合もあるため、背中のムダ毛は自分で無理に処理せず、サロンやクリニックのスタッフさんにお任せしましょう。

もし、家族や友人など、手伝ってもらえそうな方がいるなら、その方にお願いするといいですよ。

VIO

VIOのデリケートゾーンの施術を受ける際も、事前の自己処理が必要です。

VIOの自己処理は

  • 形を決める
  • ハサミで毛を短くカットする
  • シェーバーで毛の流れに沿ってシェービングする

という流れで行います。

その際のポイントは

  • デリケートゾーンの肌は薄いので、電気シェーバーを使うこと
  • 毛の流れに沿って処理すること
  • シェービング後は保湿をすること

の3つ。

自己処理の仕方については、サロンやクリニックで説明してもらうことができるので、分からない方は質問するといいですよ。

剃り残しがあったらどうなる?

剃り残しがあったらどうなる?

手が届きにくい場所の自己処理についてはサロンやクリニックで対応してくれる場合が多くありますが、剃り残しがあった場合、基本的に、ムダ毛の処理をしないままでは施術を受けることができません。

剃り残しがあった場合の対応としては

  • 剃り残した部分を避けて施術を受けることができる
  • 施術を受けることができない
  • サロンやクリニックでのプラン内容に含まれていて、無料で剃ってもらうことができる
  • シェービング代を支払うことで剃ってもらうことができる

のいずれか。

サロンやクリニックによって対応が変わってくるので、カウンセリングや契約の際に確認しておくと良いでしょう。

各サロンやクリニックにおける「剃り残しがあった場合の対応」について、表にまとめてみましたので、参考にしてください。

銀座カラー ●うなじ・えりあし・背中・ヒップ・ヒップ奥(Oライン)は処理不要
ミュゼ ●えりあし・背中・ヒップ奥はスタッフが対応
●剃り残している箇所を避けての施術または施術キャンセル
キレイモ ●うなじ・背中・ヒップ・ヒップ奥(Oライン)は補助サービス
●剃り残しが多い部分は避けて施術
●「スリムアップ全身脱毛」「プレミアム美白脱毛」のプランは別途シェービング代が必要(1回あたり1,000円)

恋肌 ●月額プランはうなじのシェービング代が無料・うなじ以外の剃り残しは避けて施術
●パックプランはうなじ・背中・腰・お尻のシェービング代無料・それ以外の部位は1カ所につき800円

各脱毛サロン別の自己処理とシェービングサービスについて『銀座カラーのシェービング代と忘れたときのサービスは?他サロンとの価格差も比較』でくわしく説明しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事
銀座カラーのシェービング代と忘れたときのサービスは?他サロンとの価格差も比較

Aya@脱毛女子銀座カラーで全身脱毛をした経験を元に、シェービング代やシェーバーを忘れた時はどうなるのかをお話します。 銀座カラーのシェービング代はかかる? シェービングするのを忘れたら? 脱毛時に電 ...

続きを見る

まとめ

脱毛前のムダ毛の自己処理方法や注意点について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ムダ毛の剃り残しがあった場合、思うような脱毛効果が得られないこともあります。

自分で処理するのが難しい部分は除き、手が届く範囲は必ず自己処理しておくようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aya@脱毛女子

Aya@脱毛女子

友人の結婚式に出席するまでは脱毛に興味がなく自己処理で十分だと考えていた。 ところが、ウェディングドレスを着るために脱毛を決意した毛深かったはずの友人の背中やうなじが輝くように綺麗だったのを見て、自分も脱毛サロンに通うことを決意。 実際にミュゼやエピレ、ディオーネ、エステティックTBC、銀座カラーで脱毛を体験したことで脱毛に関する悩みは消え、知識はスタッフ並み、いやそれ以上に詳しくなり、自己処理することもなくなる。自分の体験を分かりやすく書くのが得意。 脱毛サロンゼミのほとんどの記事の編集担当。

おすすめ記事

1

月額たったの3,300円で全身脱毛できる新キャンペーンが話題の銀座カラー。 でも公式サイトにはコース内容や総額、支払い方法などが詳しく書かれていないので、ちょっと不安になってしまいますよね…。 そこで ...

-初めての脱毛Q&A

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2019 All Rights Reserved.