vio脱毛

男性に人気のVラインの形は?どうやって処理をしたらいいの?

更新日:

ねぇ、どんなVラインの形が好き?

お気に入りの水着が着られる、生理中のいやな蒸れからも解放される、などの理由から人気急上昇中のVIO脱毛。

Aya@脱毛女子
VIOとは、
Vライン(ビキニライン)
Iライン(陰部の両側)
Oライン(肛門周辺)
のアンダーヘアのことです。

Vラインとはデリケートゾーンの上部のことですが、Vラインのムダ毛処理をするなら、彼氏やパートナーの目も気になりますよね?

ここでは

などをご紹介します。きれいに処理して、清潔感あるVラインに整えましょう。

Vライン脱毛の形にはどんなものがある?

Vライン脱毛の形にはどんなものがある?

Vラインの脱毛といっても、すべて脱毛してツルツルにする以外にもある程度毛を残して好みの形に整える方法もあります。

すべて脱毛してしまうことに抵抗がある方は、量を減らして形を整えるだけでも清潔感のあるVラインになりますよ。

Aya@脱毛女子
気になるのは、デリケートゾーンの上部のVラインと呼ばれる部分の形ですね。
どんな形でどの程度の量の毛を残すか、あらかじめ決めておくといいでしょう。

トライアングル

一番スタンダードかつナチュラルな形がトライアングル、つまり逆三角形です。

作りこんでいると思わせない自然な形なので、初めてVラインのお手入れをするという方も挑戦できるはず。

温泉に行ったときや彼に見せても恥ずかしくない形です。

卵型

縦長の楕円形をしたのが卵型です。

丸みがあるのでトライアングルより優しい見た目で、女性らしいです。トライアングルよりも柔らかい雰囲気を出したい女性におすすめです。

トライアングルと同じようにナチュラルで、初心者もチャレンジしやすい形です。また大きめに仕上げるのか小さめに仕上げるのかで雰囲気が変わるため、好みの大きさになるよう調整してください。

スクエア型

長方形型のスクエアは、「I」の字のような形になります。

トライアングルや卵型よりも、お手入れしている感じが出るので、ナチュラルさはなくなってしまいます。しかし、下着や水着から毛がはみ出る心配がないので、セクシーな水着でも堂々と着こなせるようになります。

ハイジニーナ

毛をすべて脱毛するハイジニーナは、ツルツルの素肌になりVラインのお手入れが楽になります。

下着や水着のフィット感がアップし、どんな形のアイテムもきれいに着こなすことができます。生理中のムレもなくなり、快適に過ごせるようになりますよ。

ただ、温泉に行くときに恥ずかしいなど、少し抵抗を感じる場合があるかもしれません。

どうやって整えたらいいの?

Vラインを整える方法は

Vラインの整え方には、自宅でできるセルフケアと脱毛サロンでプロにやってもらう施術があります。どちらの方法を選ぶにしても、まずは形を決めましょう。

とくに脱毛サロンやクリニックで脱毛してしまうと、それ以降生えにくくなるため「やっぱり他の形がよかった」と思っても手直しができないからです。

理想の形が決まったら、さっそく自分に合ったお手入れ方法で整えます。ここでは、代表的な5つの処理方法をご紹介します。

手軽さ コスト デメリット こんな人におすすめ!
はさみ ・生え始めは濃いヒゲ
・カットした毛先は尖るので下着から飛び出るかも
・チクチクしてかゆみや赤みの原因になることも
・ほんの少しだけ形や量を調節したい人
カミソリ ・生え始めは濃いヒゲ
・カットした毛先は尖るので下着から飛び出るかも
・すぐに生えるので頻繁にお手入れを!
・形を小さく整えたい人
・ハイジニーナにしたい人
ヒートカッター ・生え始めは濃いヒゲ
・カットした毛先は尖るので下着から飛び出るかも
・すぐに生えるので頻繁にお手入れを!
・形を小さく整えたい人
・ハイジニーナにしたい人
ブラジリアン
ワックス
・一度に多くの毛を抜くので痛い
・腫れやかぶれ・かゆみなどが起こる恐れもあり
・コツをつかむまでは失敗することもある
・永久脱毛ではないので繰り返し
ワックスを購入するコストがかかる
・短時間でハイジニーナにしたい人
・お手入れの頻度を少なくしたい人
脱毛サロン ・サロンスタッフにVラインを見られるのが恥ずかしい
・2~3ヵ月に一度サロンに通う手間がかかる
・永久脱毛まではできない
・自己処理がいらなくなるまでにも
2年くらいかかるので最もコストがかかる
・楽にきれいにお手入れしたい人
・不器用なので形もプロにおまかせしたい人
・お財布に余裕のある人

はさみ

はさみ

一番簡単なお手入れ方法が、はさみでカットすることです。指で毛を持って、はさみで好きな長さにカットすれば楽にお手入れできます。長さや量を自分で調整でき、初心者さんでも失敗しにくいです。コストもかからないので、気軽にできます。

ハイジニーナにしたい方には向かず、ほんの少しだけ形や量を調整したい方に向いています。

ただし、はさみで根本までカットしてしまうと、どうしてもブツブツとした毛穴が目立ってしまい、生え始めも濃いヒゲのような見た目になってしまいます。カットした毛先はとがってしまうので、下着や水着から飛び出てしまうことがあります。なかには、チクチクとした毛がデリケートゾーンに当たって、かゆみが出たり赤くなってしまう方もいるので注意しましょう。

カミソリ

かみそり

カミソリの場合、根元まできれいに処理できるので、形を小さく整えたい方やハイジニーナにしたい方にもぴったりです。はさみ同様、あまりコストがかからないのが魅力的。長すぎる毛は、先にはさみでカットしておくと処理しやすいようです。

デリケートで見えにくい部位なので上の写真のようなT字カミソリよりI字カミソリのほうが使いやすいです。カミソリは衛生上、顔用、ボディ用とは別に用意してください。刃物が心配な方は電動シェーバーでもかまいません。

しかし、はさみと同じく、生え始めると毛先がチクチクするので下着や水着から飛び出る恐れがあります。すぐに生えてきてしまい頻繁にお手入れをしなくてはいけません。

ヒートカッター

ヒートカッター

ヒートカッターとは、熱線で毛を焼き切るアイテムのことです。形状がI字型カミソリに似ているので使いやすい上にキャップやカバーがついており、やけどしにくくなっています。ヒートカッターの魅力は、はさみやカミソリと違って毛の先端を丸くカットすること。だから、下着や水着から毛が飛び出る心配がないんです。

デメリットは、少しずつカットするため時間がかかるということです。一束ごとカットし、一度に広範囲の処理をすることができません。また、根元まできれいに処理することができず、はさみやカミソリのように生え始めはヒゲのような見た目になります。繰り返しのお手入れも必要です。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス

短時間でハイジニーナにしたい方におすすめなのが、ブラジリアンワックスです。ブラジリアンワックスとはジェル状のワックスを肌に塗り、しばらく置いてから毛ごと引き剥がすという脱毛方法です。

エステサロンで施術してもらうこともできますが、自宅で行うことも可能です。毛を丸ごと抜くので一瞬でツルツルの肌になり、はさみ・カミソリ・ヒートカッターよりもお手入れの頻度を減らすことができます。

しかし、一度に多くの毛を抜くので痛みが伴い、肌質によっては腫れやかぶれ、かゆみなどが起こる恐れがあります。慣れていない人は失敗する可能性もあり、コツをつかむのが難しいです。そして、お手入れ頻度を減らすことはできても永久脱毛ではありませんし、減毛もできません。繰り返しお手入れが必要で、はさみやカミソリ、ヒートカッターよりコストがかかります。

脱毛サロン

脱毛サロン

Vラインを楽にきれいにお手入れしたい方は、脱毛サロンでプロに任せるのがいいでしょう。脱毛サロンでは、光をあてて毛を生えにくくする処置を行います。徐々に毛が薄くなり生えるスピードも遅くなっていくため、最終的にお手入れが楽になります。プロに施術を任せておけばいいので失敗もありません。

事前カウンセリングで好みの形を注文することができ、理想の形に仕上げてくれます。どの形にするか迷っている方は、肌質や毛質などを見てもらって自分にぴったりの形をアドバイスしてもらってもいいかもしれません。

デメリットとしては、スタッフにデリケートゾーンを見せるのが恥ずかしいということです。しかし、スタッフは何人ものVラインを処理してきたため、見慣れている人がほとんど。剛毛であっても驚くことはないため、あまり気にする必要はありません。

男性に人気のVラインの形は?

男性に人気のVラインの形

Vラインの処理をするとき、どうしても気になるのが彼氏やパートナーの反応です。ここでは男性に人気のVラインの形をご紹介します。

1位 トライアングル

一番自然で手を加えていないように感じられることから、トライアングルが人気です。あまりに剛毛で量が多いと男性も引いてしまうので、小さめのトライアングルに整えましょう。清潔感のあるナチュラルなVラインは好感が持たれやすいようです。

2位 スクエア型

トライアングルとは違い、処理をしていることを主張する形であるスクエア型。トライアングルよりも気を遣っている印象を与え、女性らしく見えるので人気があります。

3位 ハイジニーナ

若い世代に人気があるのがハイジニーナです。ただ、30代など年齢が上の男性は少し抵抗があるようです。ハイジニーナにするときは、彼氏やパートナーに事前に相談しましょう。

女性に人気のVラインの形は?

女性に人気のVラインの形

続いて、女性に人気のVラインの形をご紹介します。

1位 トライアングル

抵抗感なく処理できて自然に見えるということから、女性にも人気の高いトライアングル。男性にも引かれることがないため、挑戦する方が多い形です。

2位 スクエア型

セクシーでおしゃれな下着や水着がきれいに着こなせることから人気があるスクエア型。毛がはみ出ることを気にせず、なんでも着こなせるようになります。

3位 卵型

丸みのある卵型は、トライアングルやスクエア型よりも柔らかい雰囲気にしたいという女性に人気があります。

まとめ

Vラインには、トライアングル、卵型、スクエア型、ハイジニーナなど様々な形があることが分かりましたね。

男性にも女性にも1番人気はトライアングルです。ナチュラルな形で作りこんでいない感じが人気の秘訣です。若い女性の間ではすべてつるつるにしてしまうハイジニーナも人気のようですが、まだまだ多くの世代には浸透していないようです。ぜひ、自分に合った処理方法でお気に入りの形にお手入れしてみてくださいね。

                      
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Aya@脱毛女子

Aya@脱毛女子

銀座カラーで全身脱毛済み。サロン・クリニックの取材経験も多数。オシャレと美容が大好きで、脱毛は完全コスパ重視。脱毛して自分の肌に自信が持てたと感じている。脱毛サロンゼミのほとんどの記事の編集担当。 「しっかり取材して、最新のお役立ち情報をみなさまにお伝えしていきます!」

-vio脱毛

Copyright© 脱毛サロンゼミ , 2019 All Rights Reserved.